メディアが言わないカルダノADAの開発の数々

メディアが言わないカルダノADAの開発の数々

カルダノADAは日々、目を引くようなアイデアの宝庫になりつつある。ADAについては、主流メディアが話題にしないような開発が目白押しとなっている。カルダノの背景にある技術がすさまじいものであり、開発内容の多くが今にも明らかにされようとしているが、暗号通貨の熱狂的なファンにはその姿を現さない。このような開発内容が、プロジェクトの段階が進むにつれてADAの成長速度を速めていくであろう。 Byronから始った旅 2017年、IOHK初の試みであり、カルダノの最初の通貨であるByronがリリースされたとき、カルダノADAのプロジェクトチームが多くの物事に開眼した。このことによって、公へのリリースサイクル、隔離された利害関係者、取引所などをいかに管理すればよいかが明らかになってきた。(開発を)いかに完璧に近づけることができるかについて見識は得られたが、依然として、すべきことはたくさんある。 進歩したプロジェクト管理チーム カルダノ、IOHKのCEOであるチャールズ・ホスキンソン氏によれば、今や、Elieen Fitzgerald氏率いるIOHKは、すさまじいプロジェクト管理能力を構築した。 「Elieenの部門では、事業の必要条件を把握し、プロジェクトの定款を草案し、リソースアロケーションと予算編成のプロセス、開発の概算見積を向上させ、週間報告の内容が改善され、プロジェクト間の相互依存を管理できるようになっています。また、IOHKがK-framework、IELE、およびスマートコントラクトの研究に向けてRuntime Verificationと提携したように、サードパーティー(第三者)との関係の構築が益々、容易になってきています。」 プロジェクト管理チームの狙いは、提供品、リリース品、主要なアップデートの配信日を変更する必要がないほどに完璧なものにしておくことである。 カルダノの構造 カルダノチームは通常、取引所や台帳システムと連動している。構造フレームのAPIなど、ユーザーに影響を及ぼすようなものは、新しいAPIのリリースとともに再設計されている。このほか、カルダノは、自らのソフトウエアにカルダノをインストールしたい顧客にその余地を提供すべく、統合されたバックエンド構造の開発を試みている。2、3ヵ月後には、このバックエンドが最新の規格に塗り替えられているであろうと思われる。 Shellyの足音が聞こえるか? いよいよ、Shellyがリリースされる。Shellyは、多くの「ワークストリームと科学的依存」に関わるプロジェクトであり、ユーザーに非中央集権化のパワーを存分に提供することを狙いとする。 カルダノチームは進化する カルダノの科学的研究は、研究室(lab)から規範(code)へと移行しており、これを機にウロボロスが改訂される。カルダノ財団は、このプロジェクトのためにゲーム理論家とプログラミング言語理論の専門家を結集し、見解を求め、利用状況を検討した。 このロードマップは、近い将来、シームレスで(継ぎ目のない)有効な暗号通貨として、カルダノADAがパワーを増すことを示すものである。

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)が日本語対応仮想通貨取引所Huobi(フオビ)に上場したので口座開設やってみた

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)が日本語対応仮想通貨取引所Huobi(フオビ)に上場したので口座開設やってみた

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)が 日本語対応仮想通貨取引所Huobi(フオビ)に 上場したので口座開設やってみた‼️ 日本語対応していてADAが取り扱い開始っということで、口座開設するこ とをお勧めします。 取引高が世界第2位の取引所で取り扱い銘柄は100種類以上である 取引手数料も一律0.2%でHuobi Token(HT)という独自通貨も発行してい て、Huobi Token(HT)を使うと手数料が50%OFFになる セキュリティーも非常に高くて安心して使える‼️

カルダノハブ週間技術レポートの内容にチャレンジしてみた

カルダノハブ週間技術レポートの内容にチャレンジしてみた

ダイダロス 先週、(開発)チームはペーパーウォレットの証明書の生成機能(の工程)を終了した。コードを検討し、機能を徹底的に検査し、現在は監査過程の段階にある。チームは質疑応答のテストフェーズおよびダイダロス0.9.1とカルダノ1.1.1のホットフィックスのリリースの準備に参加した。UX/UI(ユーザーエクスペリエンス/ユーザーインターフェイス)の改善点と解決済みの軽度のバグの修正点が相当数挙げられており、次のリリースとともに発表される。このほか、チームは非同期式のウォレットの復元という次の大きな機能の開発を開始した。

カルダノADAが披露する暗号通貨ゲーム~4月にかけて良好な伸びを示すこのコインがインベスターフレンドリー(投資家にやさしい)とされる理由~ペーパーウォレットに関して

カルダノADAが披露する暗号通貨ゲーム~4月にかけて良好な伸びを示すこのコインがインベスターフレンドリー(投資家にやさしい)とされる理由~ペーパーウォレットに関して

カルダノ(ADA)は市場の変化に免疫がなく、市場の他のコインとともに下落し、2017年12月末に得られた利益のほとんどを消し去った。 しかし、今日(2018年4月12日現在)、価格の上昇率が20%を超え、2018年4月をとおして伸びを示し、依然として市場で最も投資家にやさしい暗号通貨の1つであり続けている。 ここに、投資家たちがこの特別な暗号通貨に自信が持てる理由を少し挙げておこう。 カルダノを支えるチームは、市場にある他のどのプロジェクトよりも投資家たちが求めるソリューションを提供することに関心がある。以前、カルダノは、ほとんどの投資家たちが望んでいるという理由で、ADA/BTCペアではなくADA/USDペアに焦点を当てることを決定した。投資家たちを喜ばせるためにこのような便宜を図った暗号通貨プロジェクトはほかにない。 さらには、最近カルダノがペーパーウォレットのアップデートを発表した。この開発は、カルダノチームがいかに投資家たちとその安全性に気を配っているかを示し続けている点で関心を引くものである。ペーパーウォレットは現時点では、コールドストレージの最も安全な選択肢であると考えられる。メーカーによるファームウェアアップデートやユーザーのウォレットに潜んでいる抜け穴からの知られざるセキュリティの侵害に思い悩むことなく、自身が選択したセキュリティの設置方法でペーパーウォレットをロックすることができる。つい最近もイギリスの15歳の少年によってレジャーウォレットがハッキングされ、そればかりか、この少年が実際のハッキングの様子をYouTube動画として投稿した事実からもこのような懸念が表面化した。

2018年カルダノ価格予測 今年、さらに注目を集める暗号通貨 (今日のカルダノ/ADA価格) -ADAカルダノニュース- 4月10日(火)

2018年カルダノ価格予測 今年、さらに注目を集める暗号通貨 (今日のカルダノ/ADA価格) -ADAカルダノニュース- 4月10日(火)

2018年カルダノ価格予測:カルダノは、昨年9月に上場し、それ以来、すでにほぼ1500%のリターンをもたらしている。現在の時価総額は、約180億ドル($18 billion)??である。 ($3.9 billion?) カルダノは、時価総額ではトップ10入りしている通貨である。開発者らは特に、暗号通貨の持続可能なシステムの有効化に向けてカルダノを創出してきた。 暗号通貨に用いられている技術はオープンソースであり、研究者らによる査読という手順を踏んでいる。この特別なプラットフォームでの開発がきわめて容易な所以である。本日は、2018年のカルダノ価格予測を解き明かそう。 2018年カルダノ価格予測:現在、カルダノは、(当サイト下の価格掲示板[price ticker]参照)で取引されている。カルダノのこの1年の予想は、約2.5ドルであり、これはたった1年間で約6倍の上昇を意味するものである。5年間の予想は10ドルであり、顕著な上昇を示している。 最近の暗号通貨の調整でも、カルダノは(他の通貨と)同じく下落はしたが、投資家たちのほとんどが実際にはこの通貨に関して強気であり、すぐに新高値をたたき出すことができるであろうと思っている。取引量が一時的に左右されやすく、ボラティリティが大きく動くおそれはあるが、長期的にはさらに上昇するであろう。そのポテンシャルはかなり大きい。 しかし、いわゆる確実優良な通貨ではなく、投資の際には取引量の変化により突然、価格の変動をみる場合もあることを肝に銘じておく必要がある。突然の価格変動に対する覚悟さえあれば、カルダノを長期にわたり保有することが容易になるであろう。 カルダノ価格の長期予想が約10ドルであることを踏まえれば、今、この時にカルダノに投資する意味は十分にある。カルダノの背後に控えているチームもかなり強い。さらに、このチームのメンバーたちがオープンソースをベースとした利用しやすいブロックチェーン技術を構築しつつある。このことは、これほどまでにカルダノには大きなポテンシャルがあるといわれる理由のひとつである。 トップ10に挙げられたそれぞれの通貨の狭間で迷っているのなら、是非ともカルダノに注目してほしい。2018年にカルダノがもたらす利益の可能性はあまりにも大きい。2018年のカルダノ価格の予測値をみると、暦で今年の年末までには約2.5ドルに達すると見定めることができる。今年、資金の一部をこの通貨に置いておくのは賢明であろう。

カルダノ(ADA)がスケーリングをとおして第3世代の暗号通貨をリード

カルダノ(ADA)がスケーリングをとおして第3世代の暗号通貨をリード

カルダノ(ADA)- カルダノの創設者は自らの暗号通貨について大胆な発言をしている。先週スイスのICOサミットで語ったチャールズ・ホスキンソン氏は、自らの暗号通貨について強みを強調しつつ、この時点までの手落ちを改善することに焦点を当て、来たる1年の間にカルダノ計画をどのように進化させるかについてその概要を語った。具体的には、暗号通貨市場の大半を悩ませている「スケーラビリティ」という問題に結びつけられたADAの成功を視覚化するものである。

カルダノ価格のテクニカル分析 ADA/USDは修正され上昇することができるのか。

カルダノ価格のテクニカル分析 ADA/USDは修正され上昇することができるのか。

・ADAは0.1600ドルレベルを下回る価格に落ち着き、今現在USドル(Tether)に対し、弱気ゾーンに入っている。 ・ADA/USDペアの1時間足チャートでは、0.1540ドルのレジスタンスで、重要なコントラクティング ・トライアングル(三角保ち合い)が形成されている(Bittrex経由のデータフィード)。 ・ADA/USDペアが上向くには、0.1500ドルと0.1550ドルのレジスタンスレベルをブレイクする必要がある。 ・カルダノ価格はUSドルとビットコインに対して揉み合いながら上昇しようとしている。ADA/USDが近い時期に新たに回復し始めるには、0.1550ドルを超えて返り咲き、留まる必要がある。 カルダノ価格上昇を阻む障害 USドル対ADAの価格は、0.1800ドルというスイングの高値からさらにロスを被った。価格は0.1500ドルと0.1400ドルレベルを下回り、レッドゾーンへと深く入り込んだ。0.1300ドルレベルに向けて取引されたのち、上向きに修正され始めた。中間のスイング・ローは、0.1378ドルで形成され、そこから現在の上昇波が始まっている。 この上昇波は、0.1589ドルの高値から0.1378ドルの安値までの最後の下降の38.2%のフィボナッチ・リトレースメントレベルを上回った。しかし、この上昇は、0.1500ドルレベルによって抑えられた。さらに、0.1589ドルの高値から0.1378ドルの安値までの最後の下降の61.8%のフィボナッチ・リトレースメントレベルがレジスタンスとして作用した。現時点では、ADA/USDペアの1時間足のチャートでは、0.1540ドルのレジスタンスで、重要なコントラクティング ・トライアングル(三角保ち合い)が形成されている。ADA/USDペアが今後回復するには、0.1540ドルと0.1550ドルのレジスタンスを上回る必要がある。 しかし、適正に0.1600ドルレベル超えに近づけば、上昇波を起こす大きなきっかけになるであろう。0.1550ドルレベルを上回らなければ、再び0.1400ドルに向けて下降する可能性があり、0.1400ドルを下回れば、ADAがさらに安値で取引されるリスクがある。 1時間足MACD - ADA/USDのMACDは、強気ゾーンへの勢いをつけるべく揉み合っている。 1時間足RSI - ADA/USDのRSIは、35レベルに向けて下降している。 主要サポートレベル - 0.1400ドル 主要レジスタンスレベル - 0.1550ドル

スポンサーリンク