カルダノエイダが中国参入

カルダノエイダが中国参入

カルダノADAが中国参入 2018年当初四半期の暗号通貨下げ相場は完全に終焉を迎えた。もはや危機感は過ぎ去り、多くの暗号通貨プロジェクトは、くっきりと回復再開の顔を表し始めた。これを完遂させる後押しするかのように、中国の主要取引所houbiが近々カルダノエイダの取り引きが取り引きが自身の取引所にてみられることだろうと発表した。 時価総額トップの1つに位置付けられるコインであるカルダノは、まだ不安定な位置付けにある。 というのは、カルダノの最終目標が多くの既存のブロックチェーンを使ったりものに比べグレードアップしたものを提供することにあるからである。しかしながら、そこに到達するには時間が必要なのである。 この発表をうけ、市場はこれが期待できるものとして、ほぼ例外なく肯定的に受け入れた。カルダノエイダは、今月の水準でその価値を2倍近く上昇させた。この公開とマーケット全体のポジティブな流れを受け、カルダノは結果として今まさに最近のトレンド通貨の1つに躍り出た。カルダノは完璧なものへの移行を目標にしている為、このトレンドは継続していくと思われる。

メディアが言わないカルダノADAの開発の数々

メディアが言わないカルダノADAの開発の数々

カルダノADAは日々、目を引くようなアイデアの宝庫になりつつある。ADAについては、主流メディアが話題にしないような開発が目白押しとなっている。カルダノの背景にある技術がすさまじいものであり、開発内容の多くが今にも明らかにされようとしているが、暗号通貨の熱狂的なファンにはその姿を現さない。このような開発内容が、プロジェクトの段階が進むにつれてADAの成長速度を速めていくであろう。 Byronから始った旅 2017年、IOHK初の試みであり、カルダノの最初の通貨であるByronがリリースされたとき、カルダノADAのプロジェクトチームが多くの物事に開眼した。このことによって、公へのリリースサイクル、隔離された利害関係者、取引所などをいかに管理すればよいかが明らかになってきた。(開発を)いかに完璧に近づけることができるかについて見識は得られたが、依然として、すべきことはたくさんある。 進歩したプロジェクト管理チーム カルダノ、IOHKのCEOであるチャールズ・ホスキンソン氏によれば、今や、Elieen Fitzgerald氏率いるIOHKは、すさまじいプロジェクト管理能力を構築した。 「Elieenの部門では、事業の必要条件を把握し、プロジェクトの定款を草案し、リソースアロケーションと予算編成のプロセス、開発の概算見積を向上させ、週間報告の内容が改善され、プロジェクト間の相互依存を管理できるようになっています。また、IOHKがK-framework、IELE、およびスマートコントラクトの研究に向けてRuntime Verificationと提携したように、サードパーティー(第三者)との関係の構築が益々、容易になってきています。」 プロジェクト管理チームの狙いは、提供品、リリース品、主要なアップデートの配信日を変更する必要がないほどに完璧なものにしておくことである。 カルダノの構造 カルダノチームは通常、取引所や台帳システムと連動している。構造フレームのAPIなど、ユーザーに影響を及ぼすようなものは、新しいAPIのリリースとともに再設計されている。このほか、カルダノは、自らのソフトウエアにカルダノをインストールしたい顧客にその余地を提供すべく、統合されたバックエンド構造の開発を試みている。2、3ヵ月後には、このバックエンドが最新の規格に塗り替えられているであろうと思われる。 Shellyの足音が聞こえるか? いよいよ、Shellyがリリースされる。Shellyは、多くの「ワークストリームと科学的依存」に関わるプロジェクトであり、ユーザーに非中央集権化のパワーを存分に提供することを狙いとする。 カルダノチームは進化する カルダノの科学的研究は、研究室(lab)から規範(code)へと移行しており、これを機にウロボロスが改訂される。カルダノ財団は、このプロジェクトのためにゲーム理論家とプログラミング言語理論の専門家を結集し、見解を求め、利用状況を検討した。 このロードマップは、近い将来、シームレスで(継ぎ目のない)有効な暗号通貨として、カルダノADAがパワーを増すことを示すものである。

スポンサーリンク