カルダノ(ADA)がスケーリングをとおして第3世代の暗号通貨をリード

カルダノ(ADA)がスケーリングをとおして

3世代の暗号通貨をリード

カルダノADAカルダノの創設者は自らの暗号通貨について大胆な発言をしている。先週スイスのICOサミットで語ったチャールズ・ホスキンソン氏は、自らの暗号通貨について強みを強調しつつ、この時点までの手落ちを改善することに焦点を当て、来たる1年の間にカルダノ計画をどのように進化させるかについてその概要を語った。具体的には、暗号通貨市場の大半を悩ませている「スケーラビリティ」という問題に結びつけられたADAの成功を視覚化するものである。

カルダノの目標

Blockchain Innovationでも語られているように、ホスキンソン氏は、カルダノが2018年に確立した3つの目標の概要を語った。

1. 暗号通貨の設計、開発および展開につき、これまでの手落ちを修正すること。

カルダノは科学的実装と実施を強調しながら発展する最初の暗号通貨企業の1社としてその名を馳せてきた。201710月のADAの公開以来、「best team, best technology(最高のチーム、最高の技術)」をスローガンとしてきた。このような表記は、どんなコミュニティーでも自分の好きな通貨に使えてしまうとの指摘が多かったが、カルダノは科学的方法と慎重な実装という気風を強調する基盤から構築されてきたものである。ホスキンソン氏の言葉を借りれば、カルダノは「科学的主張によって築かれた科学的主張は実際に正しい」ということを保証するものである必要がある。カルダノは、この業界では短期的に乱高下するICO計画というよりは、長期的ポジションを取っている。実用的な用途と特徴により裏づけられた最も確かな技術を生み出すことができれば、業界も市場もドルでの投資額によって、その功績を認めることになるであろうことが望まれている。

2. 適正な構造、十分に定義されたプロトコル、およびウォレットの規格。

あくまでも科学的設計と研究に焦点を当てる持ち前の姿勢を保ちつつ、ホスキンソン氏と共同創設者のジェレミー・ウッド氏は、「この9年間、どの通貨も(われわれの)基準を満たしていない」と、これまでの暗号通貨事情に対し、厳しい姿勢を取り続けている。改めて、この言葉はADA創設者による意欲的な語りを示すものであるが、暗号通貨業界内外に募る不満、すなわち「ブロックチェーンは画期的と思われているかもしれないが、この市場で10年後にも世界を変えるべき技術であるのに(まだその方向へ進んでいない)」との声を表わしているようにも聞こえてくる。

3.さらに多くのユーザーを抱えられるスケールを備えた最初の第3世代の暗号通貨になること。

スケーラビリティ、スケーラビリティ、スケーラビリティ。暗号通貨の明確な特長であるブロックチェーンは、この時点までは、業界を取り巻く話題に適正に浸透している。2018年以降、当面はスケーラブルな暗号通貨に焦点を移す。ビットコインは依然としてブランドによる認知と時価総額という点で業界をリードする存在ではあるが、この暗号通貨の元祖は、ネット上で大きなボリュームを扱う能力の面でいくつかの制約に悩まされてきた。ホスキンソン氏は、この大量採用にあたりカルダノにとって最大の障害となるものを認識するなかで、ADAがこの先を歩む第一目標としてスケーリングを強調してきた。市場の規模に合わせ、有用かつ実世界での実装を果たす通貨を生み出すことにかけて競い合う暗号通貨の未来をホスキンソン氏は予見する。ホスキンソン氏は、業界のモデルリーダーとしてRippleを挙げており、「重要な要素は、スケーラビリティ、インターオペラビリティ(相互運用性)、およびサステイナビリティ(持続性)です。Rippleの運用性は、130の提携銀行とインターレジャー(台帳間での決済)プロジェクトとの相互運用性を示す偉大な例です。」と語る。昨年末現在、カルダノは、ビットコインとほぼ同じく、1秒間に710件のトランザクションを扱うことができていたが、これではリップルの1500件には遠く及ばない。しかし、それはADAの機能が初期段階にあったための成果であった。カルダノは、ユーザーベースとネットワークボリュームの増加に合わせたスケーリング(1秒間に4000件以上のトランザクションを可能とするネムとほぼ同じ)が設計されたProof of Stakeアルゴリズムを実装しつつある。これによって、必要な分だけトランザクションスピードとネットワーク負荷にリソースを割り振りながら、フレキシブルなネットワークを生み出すことができる。

ADAの試みは第3世代の暗号通貨をリードすること

ホスキンソン氏とカルダノチームは、暗号通貨の障害となっているスケーラビリティに対する意欲的な取り組みの概要を示した。投資家たちが暗号通貨のポテンシャル(可能性)について十分確信できるようになるまでには時間がかかり、ADAの開発者による機能面での裏付けもさらに必要となってくる。しかし、この暗号通貨(ADA)に関心がある人々にとって、この2人の創設者がADAのスケーラビリティの成長に本腰を入れて取り組んでいることはポジティブな兆しである。いずれの暗号通貨もデジタルトランザクションの革命とフィアット(法定通貨)の領域の粉砕を夢見るには、実世界でのスケーリングの実証が前提となる。第3世代の暗号通貨(カルダノ、TRONNanoなど)がどれも皆、収穫物として標的としているのは、即時にできる自由なトランザクションとともに、大きなネットワークボリュームを扱うことのできるこの能力である。カルダノは、実装という観点から、このような目標をまとめてリードすることを目指し、客観的な見直しにこだわりぬいた取り組みを開始する。

翻訳:渡辺水華さん

https://www.youtube.com/channel/UCCLHMbftUgCjIcQiKeaYG6A

[お勧めプロジェクト案件]

無料登録の内容確認→→

http://xn--eckteta8fq65tmmxby9cu0f.com/page-466/

Ledger Nano S(レジャー・ナノS)を安心サイトで購入する

http://xn--eckteta8fq65tmmxby9cu0f.com/page-348/

たかっさん公式LINE@に登録

スマホの方は、こちらをワンクリックで登録できて

たかっさんへメッセージが送れる☺️

https://line.me/R/ti/p/%40iqj5337n

ビットフライヤー口座開設

https://bitflyer.jp?bf=zdhooknc

Cardano (ADA)–The founder of Cardano has made a bold claim for his cryptocurrency. Speaking at the ICO Summit in Switzerland last week, Charles Hoskinson outlined how his currency plans to evolve over the coming year, with a focus on improving the mistakes committed to this point while emphasizing strengths. Specifically, the founder of Cardano visualizes the success of ADA being tied to the same problem plaguing the majority of the cryptomarket: scalability.

Goals for Cardano

Speaking with Blockchain Innovation, Hoskinson outlined three goals that Cardano

One. Fixing the sins of the path: Design, development, and deployment of cryptocurrency. Cardano built its name upon being one of the first cryptocurrency companies to develop with an emphasis on scientific implementation and practices. The rallying call since the release of ADA in October 2017 has been, “best team, best technology.” While many have pointed out this label tends to be applied by all communities to their favored currency, Cardano has been built from the ground up emphasizing the culture of the scientific method and careful implementation. As Hoskinson puts it, Cardano needs to ensure, “the scientific claims made by them are actually right.” Cardano is taking a long position on the industry, rather than being a quick pump and dump ICO scheme. If they can produce the most convincing technology, backed by practical use and features, they hope the industry and market will recognize their achievement with investment dollars.

Two. Proper architecture, well-defined protocols, and specifications of a wallet. Inherent in their overarching focus on scientific design and research, Hoskinson and co-founder Jeremy Wood have taken a critical stance against the state of cryptocurrencies to date: “none of them have met [our] standards in the past 9 years.” While this again represents ambitious talk by the founder of ADA, it echoes the growing frustration both within and outside the industry of cryptocurrency–blockchain may be revolutionary, but has yet to change the world even after a decade on the market.

Three. To be the first 3rd generation cryptocurrency: Scales as more users join. Scalability, scalability, scalability. Blockchain, as a defining feature of cryptocurrency, has rightly dominated the conversation surrounding the industry to this point. In 2018 and the foreseeable future, the focus is going to shift to scalable currencies. Bitcoin may still be the industry leader in terms of brand recognition and market cap valuation, but the original cryptocurrency is plagued by severe limitations in its ability to handle large network volume. Hoskinson, in recognizing the greatest hurdle for Cardano in mass adoption, has highlighted scaling as the primary goal for ADA going forward. Hoskinson foresees the future of cryptocurrency being a race to produce usable, real-world implemented currencies that can scale with the market. He cites Ripple as a model leader for the industry, “…the key factors are scalability, interoperability, and sustainability. Ripple operation is a great example of interoperability with 130 bank partners and the inter ledger projects” As of the end of last year, Cardano was capable of handling 7-10 transactions per second, similar to that of Bitcoin, but a far cry from Ripple’s 1500 tps. However, that was in the earliest iteration of ADA function. Cardano is implementing a Proof of Stake algorithm that is designed to scale as the user base and network volume increases (similar to NEM, which produces 4000+ tps). This creates a network that is flexible, while diverting resources to transaction speed and network load only as needed.

ADA Attempting to Lead Third Generation Cryptocurrencies

Hoskinson and the Cardano team have outlined an ambitious and interesting take on the cryptocurrency hurdle of scalability. It’s going to take time and further proof of function by the developers of ADA before investors can be fully convinced of the cryptocurrency’s potential. However, it’s a positive sign for those interested in the currency that the two founders are committed to growing the scalability of the currency. Before any crypto can dream of revolutionizing digital transactions and disrupting the realm of fiat, proof of real-world scaling should be a prerequisite. The crop of third generation currencies (Cardano, TRON & Nano to name a few) are all targeting this ability to handle large network volume, with near instant, free transactions. Cardano is looking to lead the pack in terms of implementation, and it starts with a near obsessive commitment to objective revision.

引用元

https://coinatory.com/2018/04/05/cardano-ada-to-lead-3rd-generation-cryptocurrencies-through-scaling/

たかっさんLINE

友だち追加

【免責】投資は自己責任でお願いします. 【免責事項】 ・本動画の内容において、正当性を保証するものではありません。 ・本ブログ記事を利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。 ・期限付き内容を含でおり、ご自身で問題ないことを確認してください。 ・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。 以上をご了承の上でご利用ください。