カルダノハブ週間技術レポートの内容にチャレンジしてみた

カルダノハブ週間技術レポートより記事抜粋

DAEDALUS

Last week the team finished the paper wallet certificate generator feature. The code was reviewed, the feature was thoroughly tested and the audit process is under way. The team participated in the QA testing phase and the preparation of the Daedalus 0.9.1 and Cardano 1.1.1 hotfix release. There is a substantial list of UI/UX improvements and minor bug fixes which were resolved and will be released with the next release. The team also started with the development of the next big feature which is the asynchronous wallet restoration.

WALLET BACKEND

The team concentrated on decommissioning the Cardano-SL-1.0- exchanges branch. There were unexpected errors in the previous migration plan, which was tracked down with the with-explorer. Apparently, a compile time flag unintentionally enabled in the new environment. An updated migration plan has been documented. This will disable the flag to reflect how the previous stack-based build worked. The team plans to start migration in the latter part of this week or early next week. The team also worked to write and validate formal specification for the new wallet backend. Further progress on the specification has been made. All the aspects of the rollback have now been documented in detail, definitions and corresponding proofs are also much cleaner. A senior engineer has done a first review of the new sections. Additionally, a section has been added for tracking metadata, which is needed for history tracking. However, this has only just been completed and is pending review at. In an effort to implement wallet backend’s new data layer following its formal spec: Further progress has been made on (CSL-2382) – Implementing “pure” data layer for passive wallet, despite that the pull request (PR) is not ready yet. However, the design is ready, tests are hooked up to the generator. Currently, tests are failing and the team is debugging the issue. A team member has started looking at the new wallet from the point of view of running it in an actual network. He discovered some strange values reported from the server, and has got to the bottom of that. In the task of adding a server side Transport Layer Security (TLS) check, the Development / Testing certificates in scripts/tls-files have been updated, and a client certificate has been added for testing. The servers-side checks now include client’s name verification (information embedded in the client’s certificate, matching against values provided to cardano-node via the Command Line Interface (CLI), default to “Daedalus Wallet”). Certificates are generated from a script located on the Daedalus repository. This script has been slightly adjusted and a PR will be issued soon to cover the changes. End-user documentation extension has been submitted to describe the required manipulation of generating and using new certificates. Also, a pull request has been opened for the task of asynchronous restoration of a wallet from seed. This PR will not need to be reviewed by the development team. Front end team work is also

required on this PR. Finally, the task of merging remedial work from the master to develop branch has been successfully completed.

ダイダロス

先週、(開発)チームはペーパーウォレットの証明書の生成機能(の工程)を終了した。コードを検討し、機能を徹底的に検査し、現在は監査過程の段階にある。チームは質疑応答のテストフェーズおよびダイダロス0.9.1とカルダノ1.1.1のホットフィックスのリリースの準備に参加した。UX/UI(ユーザーエクスペリエンス/ユーザーインターフェイス)の改善点と解決済みの軽度のバグの修正点が相当数挙げられており、次のリリースとともに発表される。このほか、チームは非同期式のウォレットの復元という次の大きな機能の開発を開始した。

ウォレットバックエンド

チームは、Cardano-SL-1.0-交換ブランチの廃止に注力した。以前の移行計画のなかで予期せぬエラーがウィズエクスプローラーによって突き止められ、意図せずして、新たな環境で1つのコンパイルタイムフラグが有効となったことは明らかであった。最新の移行計画が文書化され、これによってそのフラグが無効となり、以前のスタックベースの構造がどのように機能していたかを反映できるようになる。チームは今週後半か週明けに移行をスタートする予定である。このほか、チームは次のウォレットバックエンドに向けて正式な規格を書き出して検証することに取り組んでおり、その規格については進捗している。現時点ではロールバックのあらゆる側面が詳細に文書化されており、定義と対応する証拠もかなり明確になっている。新たな項目は最初にシニアエンジニアが検討し、さらに履歴の追跡に必要なメタデータの追跡に関する項目が追加された。しかし、これはただ終了したというだけであって、まだ再検討の余地がある。正式な規格に続き、ウォレットバックエンドの新たなデータ層の実装に取り組むなかで、passive wallet(受動ウォレット?)の「ピュア」データ層の実装(CSL-2382)に関しては進捗があったが、プルリクエスト(PR)の準備はまだできていない。しかし、設計は準備できており、テストのためジェネレータに接続を試みている。現時点では、テストは成功しておらず、チームはこの問題のバグを修正している。あるチームメンバーが、実際のネットワークでの操作という観点からこの新しいウォレットを検討し始めた。そのメンバーは、サーバーからの報告によりおかしな数値をいくつか発見し、その根底にある問題を突き止めた。サーバー側のトランスポートレイヤーセキュリティ(TLS)のチェック機能を追加する業務のなかで、スクリプト/TLSファイルの開発/検査証明書が更新され、検査に関してはクライアント証明書が追加された。現在、サーバー側のチェック機能には、クライアントの名前の検証機能(「ダイダロスウォレット」のデフォルトであるコマンドラインインターフェイス(CLI)を介してカルダノノードに入力された数値と合致しているクライアント証明書に埋め込まれた情報)が備わっている。

証明書はダイダロスリポジトリのスクリプトから生成される。このスクリプトは若干、調節されており、変更箇所を保護するため、すぐにプルリクエスト(PR)が発行される。新しい証明書の生成と使用に必要な操作を記載するため、エンドユーザードキュメンテーションの拡張子が投入された。また、シードからのウォレットの非同期式の復元のためプルリクエスト(PR)が開かれている。このプルリクエスト(PR)は開発チームによる見直しを必要としない。このプルリクエスト(PR)については、フロントエンドでのチームワークも必要である。最後に、マスターから開発ブランチへマージする補修作業は成功裏に終了している。

⚠️渡辺さんの翻訳記事の二次利用はご遠慮ください。

引用元

https://www.cardano.org/en/weekly-technical-reports/

記事最下部にSNSシェアボタンを配置しております‼️ポッちっとして頂けると嬉しいです😁

翻訳:渡辺水華さん

https://www.youtube.com/channel/UCCLHMbftUgCjIcQiKeaYG6A

Ledger Nano S(レジャー・ナノS)を安心サイトで購入する

http://xn--eckteta8fq65tmmxby9cu0f.com/page-348/

たかっさん公式LINE@に登録

スマホの方は、こちらをワンクリックで登録できて

たかっさんへメッセージを気軽に送信☺️

https://line.me/R/ti/p/%40iqj5337n

ビットフライヤー口座開設

https://bitflyer.jp?bf=zdhooknc

たかっさんLINE

友だち追加

無料登録の内容確認→→

http://xn--eckteta8fq65tmmxby9cu0f.com/page-466/

【免責】投資は自己責任でお願いします. 【免責事項】 ・本動画の内容において、正当性を保証するものではありません。 ・本ブログ記事を利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。 ・期限付き内容を含でおり、ご自身で問題ないことを確認してください。 ・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。 以上をご了承の上でご利用ください。