カルダノ(ADA)、プルーフ・オブ・ステイクの難題を解決

カルダノ(ADA)、プルーフ・オブ・ステイクの難題を解決

201854

記者 Adam Stone

時価総額トップ10入りのコインとして、カルダノの開発へのアプローチには独特なものがある。カルダノ財団は、企業やコミュニティーを競わせるというよりは、生粋の学術的な組織である。大きな研究機関の委員会と同じように運営を実施しながら、開発につながるあらゆる要素を積極的に相互評価(査読)し、十分な同意が得られるようになって初めてブロックチェーンのアップデートに踏み切る。それゆえに、カルダノプラットフォームは、業界でも信頼のおける特別な位置づけにある。

ここ数ヵ月の間に、カルダノは金融面で大きく前進した。Huobiへの上場によって、中国ではADAのトークンとしての存在が底上げされた。西洋では、バイナンスがバイナンスコイン(BNB)とTether(USDT)とのペアでの取引を採用するようになった。もちろん、カルダノは単なる金融手段ではない。このブロックチェーンはいつの日か、さらに優れた技術によって他のブロックチェーンを凌ぐべく存在し、最近のニュースのほとんどが開発予定に関するものとなっている。

プルーフ・オブ・ステイクの問題を解決する

プルーフ・オブ・ステイクは、プルーフ・オブ・ワークのマイニングエコシステムがかねてから抱えていた問題の完璧なソリューションのように言われることが多い。ASICマイニングハードウェアの大規模な展開は一つの要素にすぎないが、他の要素にも影響を及ぼすものである。ビットメインのようなASICマイニングのメガ級ファームによって中央集権化が進み、暗号通貨の本来の目的が削がれてしまっている。重要なブロックチェーンを損なうおそれのある忌むべき51%攻撃をもたらす可能性も高くなる。マシーンのうち数千、いや、数百台分のハッシュアルゴリズム24/7の動作にかかる途方もない消費電力については言うまでもない。プルーフ・オブ・ステイクは、このような問題点のいくつかは解決するが、他の問題に悩まされている。

これまでプルーフ・オブ・ステイクは、1つの開始ブロックからの新規ノードまたは非同期ノードをブートストラップすることができなかった。プルーフ・オブ・ワークにはそれをする能力があり、チェックポイントやその他理論上「信用できる」当事者(のデータ?)が破損するのを防ぐことができる。

カルダノのチャールズ・ホスキンソン氏は最近、ウロボロスジェネシスが創出されたプロセスの概要を説明した査読済みの研究論文を発表した。この独特な異種ともいえるプルーフ・オブ・ステイクアルゴリズムによって、ブートストラップの問題を解決し、プルーフ・オブ・ワークによるマイニングと直接競えるシステムを生み出すのである。これはカルダノのみならず、暗号通貨業界全体にも大きな意義をもたらす可能性がある。暗号通貨のマイニングにかかるこの莫大な消費エネルギーを、このプロセスによって削減できれば、万人がその恩恵を享受することができる。ASICマイニングファームによる厄介な中央集権化の回避にもつながる。

カルダノの世界進出

カルダノのHuobiへの上場と中国市場への進出は今や巷の知るところとなっているが、アカデミックブロックチェーン(学術的なブロックチェーン)はこの業績を成し遂げた後もとどまることはなかった。それどころか、ブロックチェーンの統合により今後恩恵を受けるであろう新興市場に目を向けた。この目的のため、カルダノはエチオピア政府とのMOU(了解覚書)に署名した。ブロックチェーンはこのアフリカ国家にいくつかの恩恵を効率よく届けることができる農業によるマネタイズや安全な政治的プロセスなどを提供することができる。この提携はまだ開始段階にあり、新たな開発は今後実施されるであろうことから、これからが大いに楽しみである。

さらに、イーサリアムとOmiseGoチームとともに、来たる「コンセンサス2018」フォーラムのボイコットを選択した。チャールズ・ホスキンソン氏は、フォーラムの親会社の運営方法に関する懸念事項を引用しながら、イーサリアムの創設者、ヴィタリック・ブテリン氏にツイートした。ブテリン氏はカンファランスには出席しないと発表し、ホスキンソン氏もこれに強く同意した。出席を拒否する両者とも、このカンファランスおよびその背景となっている企業に関するいくつかの苦言を信用しての選択であった。

ADAとともに見据える未来

明るいニュースとしては、カルダノチームは主要な暗号通貨イベント「ユーロクリプト2018」から招待を受けた。開発チームがついに、ウロボロスジェネシスのプロトコルおよびプルーフ・オブ・ステイクのアルゴリズムを期待どおりの速さで作動させる方法について講演する。ユーロクリプトは有名で、学術的に厳密なイベントであり、カルダノの企業構想に沿うものである。

また、カルダノが最近、新たに2つのテストネットをリリースしたことにより、カルダノの技術的業績の実現がさらに遠くなった。このテストネットは2つとも、特別に開発者らの確証を必要とするものであったため、カルダノプロダクト全体のリリースが若干、取り残されるかたちとなった。しかし、カルダノ自身が設定した基準に照らせば、これよりも精査されていない他のトップ10の通貨を創出しているブロックチェーンと比較して進捗が遅いのも頷ける。カルダノの価格が4月の歩みを超えて倍になったところをみると、投資家たちにはこの開発ペースなど意に介さないものと思われる。

【免責事項】当記事は投資のアドバイスを提供するものではありません。Global Coin Reportおよびその関連会社、社員、記者、請負業者は暗号通貨に投資はしていても、記事に書かれているコインやトークンを保持しているかいないかとは一切、関係がありません。暗号通貨に投資する前に、この免責事項をよくお読みになり、ご自身での調査をお願いいたします。

⚠️渡辺さんの翻訳記事の二次利用はご遠慮ください。

引用元

https://globalcoinreport.com/cardano-ada-solves-proof-of-stake-conundrum/

記事最下部にSNSシェアボタンを配置しております‼️ポッちっとして頂けると嬉しいです😁

翻訳:渡辺水華さん

https://www.youtube.com/channel/UCCLHMbftUgCjIcQiKeaYG6A

 

Ledger Nano S(レジャー・ナノS)を安心サイトで購入する

http://xn--eckteta8fq65tmmxby9cu0f.com/page-348/

たかっさん公式LINE@に登録

スマホの方は、こちらをワンクリックで登録できて

たかっさんへメッセージを気軽に送信☺️

https://line.me/R/ti/p/%40iqj5337n

ビットフライヤー口座開設

https://bitflyer.jp?bf=zdhooknc

たかっさんLINE

友だち追加

無料登録の内容確認→→

http://xn--eckteta8fq65tmmxby9cu0f.com/page-466/

【免責】投資は自己責任でお願いします. 【免責事項】 ・本動画の内容において、正当性を保証するものではありません。 ・本ブログ記事を利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。 ・期限付き内容を含でおり、ご自身で問題ないことを確認してください。 ・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。 以上をご了承の上でご利用ください。