IELEテストネットでスマートコントラクトを実行する方法

IELEテストネットでスマートコントラクトを実行する方法

イーサリアムの弱点をクリアしている

カルダノのスマートコントラクトについ

て詳しく説明して頂いてます!

かなり難しいですが理解を深めていきた

いですね!

IELEとは

イーサリウムのスマートコントラクトでは、セキュリティの悪用や数百万ドルの損失に繋がるようなバグはよくあることで、その原因の多くはEVMとSolidityの設計ミスです。設計ミスは市場に参入したばかりの初期段階では珍しくありませんが、現在はEVMからより安全性の高い代替に移行しなくてはならない段階にあります。IELEはEVMの課題を解消し、Cardanoのブロックチェーン上で実行可能な安全性の高いスマートコントラクト環境を実現します。

Remixとは

Remixはイーサリウム財団が資金提供しているIDEで、ユーザーはブラウザでスマートコントラクトを直接作成、公開することができます。当初はEVM用に設計されていましたが、代わりにIELE VMをサポートするフォークを作成しました。このブログ記事でも使用しています。

URL: https://iele-testnet.iohkdev.io/remix/

スマートコントラクトの作成

Solidity(改良版)で「Compiler」のタブから独自のスマートコントラクトを作成することができます。EVMでSolidityを使用した場合とIELEで使用した場合の違いについてはページ下部のリンクをご覧ください。

ご自身のSolidyのスマートコントラクトで生成されたIELE Assemblyは「Details」のボタンからご確認ください。

ARM AssemblyやLLVM IRをご存知の方は、似ている点もあることに気づくのではないでしょうか。この記事ではIELE Assemblyの作成方法は記載しませんが、情報はインターネットで公開されています。

スマートコントラクトの展開、実行

「Run」のタブをクリックすると以下のような画面が表示されます:

スマートコントラクトの展開、実行手順は以下の通りです。

  1. アカウントを作成する。(パスワードを設定する必要があります。テストネットの場合、パスワードを忘れてしまっても大きな問題にはなりません。)
  2. 「Get Funds」をクリックし、テストネットトークンを受け取る。
  3. 「Deploy」をクリックする。
  4. 合理的なGas priceを入力し、トランザクションを確認する。

これでスマートコントラクトが展開されました。各スマートコントラクト機能が表示されます。

  • 緑色のボタンはトランザクションが不要なコールを表しています(読み取り専用)。
  • 青色のボタンはブロックチェーン経由で行われるコールを表しています。

IELEで直接スマートコントラクトを作成する

IELEで直接スマートコントラクトを作成する場合は、画面左上にある「+」のボタンをクリックしてください。新しいファイルを作成しファイル名をつけたらコーディングを開始できます。

Find out more 参照:

作者: Sebastien Guillemot
和訳: Kana Takahashi

引用元

https://medium.com/@emurgo_io/how-to-deploy-smart-contracts-on-the-iele-testnet-japanese-e23df887cb7e

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする