プラストークンは詐欺案件なのか?

とっても分かりやすく

まとまった記事を見つけましたので

引用させて頂きます!

プラストークン(PlusToken)は詐欺案件か!?中国でも詐欺だと話題に

プラストークン(PlusToken)とは?

今ネットで話題になっている、プラストークン(PlusToken)とは、専用ウォレットに預け入れた仮想通貨を自動アービトラージにより増やすシステムが備わったウォレットです。また、その運営元が発行している独自の仮想通貨名でもあります。この様なシステムから、勝手にお金が増えると喧伝されているが、一方で詐欺案件濃厚だと話題にもなっています。

9月30日にDEX取引所をオープンさせ、取引手数料の50%を投資金額に応じて分配するとの事です。

総発行枚数:5億枚
ICO価格:1ETH=1000plus

プラストークン(PlusToken)ホワイトペーパー

  • プラストークン ホワイトペーパー01
  • プラストークン ホワイトペーパー02
  • プラストークン ホワイトペーパー03
  • プラストークン ホワイトペーパー04
  • プラストークン ホワイトペーパー05
  • プラストークン ホワイトペーパー06
  • プラストークン ホワイトペーパー07
  • プラストークン ホワイトペーパー08
  • プラストークン ホワイトペーパー09
  • プラストークン ホワイトペーパー10
  • プラストークン ホワイトペーパー11
  • プラストークン ホワイトペーパー12
  • プラストークン ホワイトペーパー13
  • プラストークン ホワイトペーパー14
  • プラストークン ホワイトペーパー15
  • プラストークン ホワイトペーパー16
  • プラストークン ホワイトペーパー17
  • プラストークン ホワイトペーパー18
  • プラストークン ホワイトペーパー19
  • プラストークン ホワイトペーパー20
  • プラストークン ホワイトペーパー21
  • プラストークン ホワイトペーパー22
  • プラストークン ホワイトペーパー23
  • プラストークン ホワイトペーパー24
  • プラストークン ホワイトペーパー25
  • プラストークン ホワイトペーパー26
  • プラストークン ホワイトペーパー27
  • プラストークン ホワイトペーパー28
  • プラストークン ホワイトペーパー29
  • プラストークン ホワイトペーパー30
  • プラストークン ホワイトペーパー31
  • プラストークン ホワイトペーパー32
  • プラストークン ホワイトペーパー33

大まかな要点だけで、詳細についてはあまり書かれていません。

プラストークン(PlusToken)は詐欺案件か!?

1.検索結果が日本語や中国語ばかり

オフィシャルサイトを見ると韓国発のウォレットだと言う事は分かると思うが、PR活動は中国と日本で積極的に行われている。実際にドメインなどで韓国版のGOOGLEで検索しても出て来るのは中国語や日本語のアフィリページの様なものばかり。まともな案件では先ず無い様な検索結果となっている。韓国発、日本・中国の金を標的とした案件か!?

公式サイトでは30か国以上で展開していると謳っているが、それならなぜ他の言語や、特に英語ページがいっぱい出てこないのか?

2.MLM(マルチ商法)

プラストークンの登録には紹介コードが必要となっており、MLM(マルチ商法)によって展開されている。紹介者には被紹介者の得た利益が報酬として支払われる。MLM(マルチ商法)の案件で優良な物は殆ど見当たらないのは仮想通貨に限った話ではない。

■1段目:利益の100%
■2段目~10段目:利益の10%

3.複数のドメインを使いまわし

詐欺などを行う企業に多いパターンですが、複数のドメインを使いまわしている事。アプリのダウンロードをさせる為だけのページなのに、その為に態々別のサイトを作っているのは不自然な印象。沢山の仮想通貨やウォレットのサイトを見てきたが、オフィシャルHPと別のドメインとページを用意しているパターンは初めて見る気がする。例えばトップページにアクセスしたり、4の部分を違う数字に変えても、このページにリダイレクトされる様になっている。なぜわざわざ、こんな作りにしているのか?数字の部分は現在の所2~4まではアクセスできる。なぜ複数必要なのか?古典的にある詐欺サイトの作りと全く一緒。

昔、悪質サイトなどが良くやっていたのが悪評が出回ってもドメイン検索されても評判が分かり難くなる様に、直ぐにサイトを移行出来る様にする為。下層に作るのも同様でした。まっとうな物なら同じドメイン内に、同じデザインで複数ページを用意する必要が全くない。

本来なら公式サイト内でアプリは配布すれば良いが、それをせず、更にトップページなどには何も置かずに下層ページに作ると言う不可解さがキナ臭さを倍増させる。

4.ストアからアプリダウンロードは出来ない

iOS(iPhone)版、Android版のどちらも提供してあるが、ストアには登録されていないので、オフィシャルサイトが用意しているページから直接ダウンロードしなくてはいけない。ストア経由で無い場合、中身がどういう物なのか分からず、セキュリティ面で非常に危うい。多くの詐欺アプリ等は、ストアに登録も出来ないので、オフィシャルサイトからの直接ダウンロードなどを促す場合が多い。

5.アービトラージ(裁定取引)

プラストークンの最大の売りはアービトラージです。ウォレットに500ドル以上入金し、AI-DOGというアービトラージシステムをONにすれば、日利約0.3%の配当が貰え、ほったらかしで稼げると話題になっている。

同一の価値を持つ商品の一時的な価格差が生じた際に、割高な方を売り、割安な方を買うと言う方法で、リスクを低くしながら利ざやを稼ぐ際に利用する手法。

会員の配当と運営元の利益を確保する為には月利30%以上は最低でも稼ぐ必要があるが、そもそも、それだけ稼げるなら自社だけで稼げば良い。多くの人からわざわざ大金を募る必要が無い。

少ない差益で確実に稼いでいくのがアービトラージ。その利益を積み重ねて月利20%など稼いでいる所は世界的に見ればあります。しかし、あくまで内々の話で、内々で利益を稼ぐ為にやっています。大きな取引を行っているファンドなどが、リスク管理の為にアービトラージでも稼いでいます。それだけ大きな利益が確実に見込めるなら、それに集中すれば良いと思うかも知れないが、僅かな差益で稼ぐのでパイは小さい。

自分が胴元だと思って考えてみて欲しい。そのパイの中に自分以外の赤の他人を入れる理由は?

6.プラストークン日本サポート

プラストークンには日本サポートと言うサイトもあります。このドメインを見ると運営者は「當間 健作」となっています。この名前で検索してみると詐欺被害で集団訴訟を呼びかけるサイトなども出てきます。

7.アフィリエイターがこぞって紹介

上で述べた方以外にも、アフィリサイトやLINE@などで、怪しいアフィリエイター達がこぞって宣伝している。

8.公式サイトのQ&Aの答え

Q&Aにプラストークンは誰が開発し、本社はどこにありますか?と言う質問と答えがあります。

水原S会社と韓国の研究機関が主導して米国、日本の技術陣によって開発され、米国のライセンスを取得して、シンガポールに本社を置いています。2018年9月14日に発足したプラストークンは、30カ国以上で事業を展開しており韓国にも支社を設立する予定であり、済州に誘致する可能性が大きい。

公式サイトに書かれている住所を見ると「서울시 강남구 역삼동 642-16 성지하이츠2차 907호(機械翻訳:ソウル市江南区駅三洞642-16聖地ハイツ2次907号)」と書かれているのだが、シンガポールが本社で、今後韓国に支社を設立予定だそうだ。更にソウルではなく済州と言う事なのか?良く分からない。

また開発は「韓国の研究機関が主導して米国、日本の技術陣によって開発され」と書かれており、開発チームの所にSAMSUNGとGoogle Payの下技術開発チームが開発とも書かれているが、詳しいプロフィールは全くない。通常の案件は、どの公式サイトを見ても分かる様に、コアメンバーやチーム1人1人の詳細プロフィール等が書かれている。

顔出して、公式サイト内やLinkedIn等でプロフィール公開したりと言うのが定番です。そうする事で、嘘だったらバレやすくなります。単に誰がどうなのか分からない様に書くのは、例えば私がプロフィールをハーバード大卒業後、投資銀行を渡り歩き、GSのパートナーとして数年働いていましたと書くのと同じレベルです。

そもそも一般の人から広くお金を集める事業、仮想通貨を取り扱う事業で、この様な業者をお金の為とは言えアフィリエイターは良く勧められるなと思うし、それに飛びつく人がいるなと不思議に思う。

9.CEOが疑惑に全く答えずとにかく信じろとだけ

出地や母の事についてチラッと話した後に、不実な噂が流れているが説明したいが説明する必要は無い、他人と論争するのは苦手、虚言は無視しろ、信じる人だけ応援してと話すだけ。悪質な詐欺や宗教などよりもお粗末な内容。

出地や母の事について話すくらいなら、正しい会社情報やチーム情報、それの裏付けとなる証拠などを見せるべき。まともなサービスや商品で、こういう反論は見た事が無かった。

10.ホワイトペーパー

様々なホワイトペーパーを見た事がある方なら分かると思うが、中身はスカスカな物。それに加えてホームページで閲覧やダウンロードなどは出来ない。詳細などどうでもいい、ただただ信じろと言う事だろう。

プラストークン(PlusToken)評判:中国で詐欺だと話題に

中国でも展開されているので、詳しく調査した人の結果が掲載されています。

ソース:https://www.zhihu.com/question/280768435

先ずほぼ全ての仮想通貨やウォレットなどでは創業チームのプロフィール、運営企業情報などがあるが、プラストークンにはそれらが無い。プラストークンウォレットは、分散型ウォレットの業界標準を満たしていない。検索しても英語ページは無く中国語ページだけ。など、様々な角度から詐欺案件だろうと、中国でもボコボコに評価されている。

ソース:https://www.zhihu.com/question/275682724

こちらのトピックでも詐欺かも、MLMだと話題になっています。

プラストークン(PlusToken)はポンジスキームか!?

ポンジスキームとは「出資してもらった資金を運用し、その利益を出資者に(配当金などとして)還元する」などと謳っておきながら、謳っていることとは異なって実際には資金運用を行わず、後から参加させる別の出資者から新たに集めたお金を(やはり運用せず)以前からの出資者に“配当金”などと偽って渡すことで、あたかも資金運用が行われ利益が生まれてそれが配当されているかのように装うもののこと。

アフィリエイターが出金できたと話題にしていますが、ポンジスキームは一見すると正常にお金が回っている様ですが、急に出金できなくなると言う手口ですので、お気をつけ下さい。

当サイトの調査はあくまで客観的に見た事、調べた事を掲載しています。そこから、現段階ではまともな案件とは言えないと言う状況です。

プラストークンのメリットとデメリット

最大のメリットは預け入れた資産が勝手に増える所だ。もし正常に稼働し、いつまでも安心して出金できるならだが。

最大のデメリットは出金できなくなる事だ。一見データ上は資産が増えている様に見せるのは簡単なシステムで出来る。増えていたと思っていた資産が出金出来ないなら失ったのと等しい。もし初期段階で出金できても、いつの間にか出勤できなくなると言う事もあり得る案件かも知れないと言うのは頭に入れておくべきだろう。

引用元

https://coin-tsuushin.com/plustoken/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする