IMFラガルド専務理事「中央銀行発行デジタル通貨の可能性を考慮する必要がある」

IMFラガルド専務理事「中央銀行発行デジタル通貨の可能性を考慮する必要がある」

国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は14日、シンガポール・フィンテックフェスティバルでスピーチし、国際社会が中央銀行発行デジタル通貨(CBDC)の可能性を考慮する必要があると発言した。

ラガルド専務理事は、より一般的な仮想通貨のコンセプトについては「完全な確信は持っていない」ものの、国が政府の裏付けのあるトークンや同様の資産を発行する事例はあり得ると述べた。

「私は、デジタル通貨発行の可能性について検討すべきだと考えています。国がデジタル経済に対して通貨供給する役割はあり得るかもしれない」

このコメントは、IMFがCBDCに特化した報告書を公表した翌日に行われた。同報告書は、金融ツールとしてのCBDCのメリットとデメリットについて、IMFの見解が検討されている。

このコメントは、IMFがCBDCについてのディスカッション・ノートを公表した翌日に行われた。この報告書の中では、金融ツールとしてのCBDCのメリットとデメリットについて、IMFの見解が検討されている。

ラガルド氏がスピーチの中で指摘したように、現在カナダや中国などさまざまな地域で、CBDCの実施に向けた検討が進められている。

もしそれらの取り組みが適切に実現されれば、CBDCは「公共政策の目標を達成できる」可能性があると、ラガルド氏は述べた。その目標とは、「金融包摂」、「安全性と消費者保護」、「決済におけるプライバシー」の3点だ。

シンガポールでのスピーチでラガルド氏は、CBDCの「否定的側面」についても言及。「金融の健全性」、「金融の安定性」、「イノベーション」にリスクを与える懸念があるとも指摘している。こういったリスクに触れつつも、ラガルド氏は変化に対応するべきだと強調した。

「重要なのは、それらのリスクに対しては創造的に立ち向かうべきということです」

「テクノロジーは変化します。私たちも変化しなければなりません。私たちが枯れ枝の残る最後の葉っぱになってはいけません」

今までIMFは、今回ラガルド氏が提言したような考え方に必ずしも熱心ではなかった。

IMFは9月、米ドルと連動して流通する国営デジタル通貨を発行しようとしているマーシャル諸島は、マネーロンダリングの懸念からその計画を考え直すべきと警告した

同国大統領は今週、この問題に関する不信任投票を切り抜け、デジタル通貨発行を引き続き進められることになった。

引用元

https://jp.cointelegraph.com/news/central-bank-digital-currencies-could-have-legitimate-role-says-imfs-lagarde

記事最下部SNSシェアボタンをぽっちとお願いします!

▼たかっさん公式LINE@に登録

スマホの方は、こちらをワンクリックで登録できて

たかっさんへメッセージを気軽に送信☺️

https://line.me/R/ti/p/%40iqj5337n

Huobi pro日本語対応取引所でADAを購入

購入方法→ https://youtu.be/OFFzx3b76vA

安心安全URL→https://www.huobipro.com/ja-jp/topic/invited/?invite_code=29m53

changelly(チェンジリー)日本語対応暗号通貨両替所の口座開設レクチャー動画

https://youtu.be/YcZWxY5aUhA

口座開設→https://changelly.com/?ref_id=d8e3f6d8e516

バイナンス口座開設

https://www.binance.com/?ref=35661897

BitMEXで100倍レバレッジ

https://www.bitmex.com/register/LdsrBw

コインベース

https://www.coinbase.com/join/59968ffcdacf4d01138c629b

【免責】投資は自己責任でお願いします. 【免責事項】 ・本動画の内容において、正当性を保証するものではありません。 ・本ブログ記事を利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。 ・期限付き内容を含でおり、ご自身で問題ないことを確認してください。 ・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。 以上をご了承の上でご利用ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする