「 カルダノADA 」一覧

イートロ(eToro)がカルダノ(ADA)の長期サポートを強化、強気相場に向かう可能性あり

イートロ(eToro)がカルダノ(ADA)の長期サポートを強化、強気相場に向かう可能性あり

カルダノ(ADA)は、1月に始まった弱気相場に散々打ちのめされた暗号通貨のひとつである。しかし、イートロがそのプラットフォームで取引する暗号通貨のひとつにADAを加えることとなった今こそが変化の始まりかもしれない。イートロは主に暗号通貨に注力しているわけではないが、価格には影響を及ぼしている。たとえば、イートロがEOSを採用したとき、EOSの価格が急騰した。カルダノもイートロがプラットフォームに加えたときに価格が上昇に転じた。今現在、上昇率は1%、さらに上昇の兆しを見せ、0.20ドルに挑もうとしている。ビッサムへの上場による価格への影響はなかったことを考えると、これは興味深い現象である。

カルダノ(ADA)、早々に失速するも、ビッサム(Bithumb)による1%還元キャンペーンがトレーダーにもたらす勝ち要因

カルダノ(ADA)、早々に失速するも、ビッサム(Bithumb)による1%還元キャンペーンがトレーダーにもたらす勝ち要因

科学的研究に裏づけられた暗号通貨、カルダノ(ADA)は今年の1月以降、売り圧力に押されてきた。市場のほとんどの暗号資産と同じくADA/USDペアも1月4日、5日に1.15ドルという最高値を付けたのち、下降トレンドに入り、0.12ドルという安値で取引される場面もみられた。このような経緯を経て、今週は赤い海を漂う暗号通貨市場の幕開けとなり、カルダノ価格が下落の波から免れることはなかった。

カルダノADA、価格が1ドルを下回るも、トップ10入りを維持し続ける秘訣とは?

カルダノADA、価格が1ドルを下回るも、トップ10入りを維持し続ける秘訣とは?

カルダノADAは、今後も開発が予定されている最新の暗号通貨のひとつである。2017年11月に上場し、先駆けて開発に踏み出していた他の暗号通貨のほとんどを抜き去った。カルダノの驚くべき点は、ADAコインの価格が未だ揉み合うなか、暗号通貨のトップ10入りを維持し続けていることである。

チャールズ・ホスキンソン氏、来たるカルダノ(ADA)アップデート1.2について語る

チャールズ・ホスキンソン氏、来たるカルダノ(ADA)アップデート1.2について語る

チャールズ・ホスキンソン氏は、短い休暇から戻り、米国コロラドからツイッターのライブ配信の発表により、コミュニティーに最新情報を伝えた。ホスキンソン氏は、このところ期待されていたカルダノ1.2のアップデートについてコミュニティーに最新情報を伝えるという目的で、大衆とツイッターのフォロワーに向けて講演した。5月24日、カルダノ(ADA)のCEOから流された発表によって、長い間待たれていたカルダノバージョン1.2の最新情報についてさらに多くの情報が得られる機会があった。チャールズ・ホスキンソン氏が発表した内容は以下のとおりである。

カルダノエイダが中国参入

カルダノエイダが中国参入

カルダノADAが中国参入 2018年当初四半期の暗号通貨下げ相場は完全に終焉を迎えた。もはや危機感は過ぎ去り、多くの暗号通貨プロジェクトは、くっきりと回復再開の顔を表し始めた。これを完遂させる後押しするかのように、中国の主要取引所houbiが近々カルダノエイダの取り引きが取り引きが自身の取引所にてみられることだろうと発表した。 時価総額トップの1つに位置付けられるコインであるカルダノは、まだ不安定な位置付けにある。 というのは、カルダノの最終目標が多くの既存のブロックチェーンを使ったりものに比べグレードアップしたものを提供することにあるからである。しかしながら、そこに到達するには時間が必要なのである。 この発表をうけ、市場はこれが期待できるものとして、ほぼ例外なく肯定的に受け入れた。カルダノエイダは、今月の水準でその価値を2倍近く上昇させた。この公開とマーケット全体のポジティブな流れを受け、カルダノは結果として今まさに最近のトレンド通貨の1つに躍り出た。カルダノは完璧なものへの移行を目標にしている為、このトレンドは継続していくと思われる。

スポンサーリンク