「 カルダノADA 」一覧

カルダノ創設者、暗号通貨ADAに関する重大発表を次々、投下。「ADA Pay」、グーグルクロム拡張機能、そして、オープンソース・イニシアティブ

カルダノ創設者、暗号通貨ADAに関する重大発表を次々、投下。「ADA Pay」、グーグルクロム拡張機能、そして、オープンソース・イニシアティブ

カルダノ開発チーム、IOHKのCEO、チャールズ・ホスキンソン氏は、元々は8月15日に控えていた一連のサプライズ発表をたった今、投下した。 ホスキンソン氏はまず、暗号通貨市場の現在のボラティリティは、周期の一部であって、「以前もこんなことあったよね。」程度のものだといって視聴者を安心させた。「大丈夫、何も心配いらないから」と。ホスキンソン氏によれば、長期にわたる戦略がとうとう、技術面で約束を果たせるところまできており、暗号通貨界の人々を喜ばせている。同氏は常にファンダメンタルに注目しているし、カルダノは健全だと信じていると言う。

カルダノ(ADA)共同創設者(チャールズ・ホスキンソン氏)のつぶやき。「ロックアップしていた資金を携えてウォールストリートがやってくる」

カルダノ(ADA)共同創設者(チャールズ・ホスキンソン氏)のつぶやき。「ロックアップしていた資金を携えてウォールストリートがやってくる」

暗号通貨通の間では、長い間、今現在の市場の不安定さは世界中で実施されている規制による行き詰まりがもたらすものではないかと言われてきた。今後の暗号通貨の規制について、一部、明確な決定を下しているのはタイと韓国だけである。タイは自国の証券取引委員会(SEC)をとおして、自国で取引できる通貨として7つの暗号通貨を承認するとともに具体的なICOのガイドラインを打ち出した。韓国については、規制当局が自国の商用銀行と同じように暗号通貨取引所を規制するプロセスを歩み始めたところである。

カルダノ(ADA)、早々に失速するも、ビッサム(Bithumb)による1%還元キャンペーンがトレーダーにもたらす勝ち要因

カルダノ(ADA)、早々に失速するも、ビッサム(Bithumb)による1%還元キャンペーンがトレーダーにもたらす勝ち要因

科学的研究に裏づけられた暗号通貨、カルダノ(ADA)は今年の1月以降、売り圧力に押されてきた。市場のほとんどの暗号資産と同じくADA/USDペアも1月4日、5日に1.15ドルという最高値を付けたのち、下降トレンドに入り、0.12ドルという安値で取引される場面もみられた。このような経緯を経て、今週は赤い海を漂う暗号通貨市場の幕開けとなり、カルダノ価格が下落の波から免れることはなかった。

チャールズ・ホスキンソン氏、来たるカルダノ(ADA)アップデート1.2について語る

チャールズ・ホスキンソン氏、来たるカルダノ(ADA)アップデート1.2について語る

チャールズ・ホスキンソン氏は、短い休暇から戻り、米国コロラドからツイッターのライブ配信の発表により、コミュニティーに最新情報を伝えた。ホスキンソン氏は、このところ期待されていたカルダノ1.2のアップデートについてコミュニティーに最新情報を伝えるという目的で、大衆とツイッターのフォロワーに向けて講演した。5月24日、カルダノ(ADA)のCEOから流された発表によって、長い間待たれていたカルダノバージョン1.2の最新情報についてさらに多くの情報が得られる機会があった。チャールズ・ホスキンソン氏が発表した内容は以下のとおりである。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク