仮想通貨カルダノADA創設者がカルダノプロジェクトについて今後の計画を明かす。

仮想通貨カルダノADA創設者がカルダノプロジェクトについて今後の計画を明かす。

世界時価総額ランキング第9位の暗号通貨の創設者、チャールズ・ホスキンソン氏は、The Crypto Larkとのインタビューに登場し、そこでこの2人がカルダノエコシステムの発展などについて議論を交わした。この場で、IOHKのCEOは、カルダノ開発の歴史の一部ともなるあらゆる今後のイベントについて語った。

仮想通貨カルダノADA/IOHKより喜びの報告 ~イカロスについて最近実施されたKudelski Security社による監査について~

仮想通貨カルダノADA/IOHKより喜びの報告 ~イカロスについて最近実施されたKudelski Security社による監査について~

Kudelski Security社により実施された最近のイカロスに関する監査について報告できることを嬉しく思います。イカロスは、技術チームによって開発された軽量ウォレットのIOHKによるリファレンス実装(参考実装)でもあります。

カルダノ(ADA)- 今こそADAで積み立てを 長期投資としてのカルダノ

カルダノ(ADA)- 今こそADAで積み立てを 長期投資としてのカルダノ

ADAの欠点の一つとして常に挙げられるのが、作動しているプロダクトがないことである。もう1つの欠点として投げかけられる批評が、まだ分散化されていないということ。しかし、長期投資家には、カルダノにとってマイナスと思われるこのようなあらゆる側面こそが、実際には良い投資理由となっている。なぜなら、ひとたびこのプロジェクトが完成してしまえば、ここに挙げられた課題などは、もはや問題ではなく、今日の価格の数千倍とは言わないまでも、数百倍になると目論まれるからである。その時点ではもう投資のチャンスも大きなリターンを得る機会もとっくに失われてしまっている。カルダノの投資によって飛躍的に最大のリターンを得ることができるのはまさに今、参入している人々なのである。

第四四半期の強気市場に向けて強調すべきカルダノ財団による3つのファンダメンタル

第四四半期の強気市場に向けて強調すべきカルダノ財団による3つのファンダメンタル

カルダノ(ADA)は今現在、暗号通貨市場の時価総額のトップ10にランクインしており、長期間このポジションを維持してきた。このブロックチェーンプロジェクトは、Emurgo、IOHK、カルダノ財団と3つの組織に支援されており、ADAネットワークをフィンテック時代の世界的プロダクトにすることを目指している。

カルダノ(ADA)が1年後にビットコインを凌駕するほど優れている理由

カルダノ(ADA)が1年後にビットコインを凌駕するほど優れている理由

カルダノ(ADA)が年初に時価総額ランキング7位に到達したとき、カルダノの共同創設者、チャールズ・ホスキンソン氏は、1年後にカルダノはビットコインとイーサリアムを凌駕すると言った。カルダノはイーサリアムよりもビットコインよりも優れたコインゆえに両コインの上をいくと信じているのだ。両コインは何年もの間、現在のポジションを維持していることを考えるとかなり大胆な発言である。特にビットコインは10年前に市場に出て以来、1位を維持してきた暗号通貨であり、ドミナンスは優に50%を超えている。果たしてホスキンソン氏は正しいのだろうか。特に1年後にビットコインの上をいくかどうかは別として(それは時期が来れば明らかになるため)、カルダノ(ADA)がビットコインよりも優れていることについてはどうなのか。

カルダノ(ADA)ージオスタンピング研究がカルダノに10億ドルのアプリをもたらす未来

カルダノ(ADA)ージオスタンピング研究がカルダノに10億ドルのアプリをもたらす未来

ブロックチェーンテクノロジーは未だ、揺籃期にあり、なすべきことが多い。今後、ブロックチェーンテクノロジーは、トランザクション台帳を超える存在になり、現在ではまだあり得ないほど多くの使用事例が得られるようになるであろう。このテクノロジーに未来への扉を開くため控えているのは、ジオスタンピング。これは、トランザクションの地理的な位置を示すデジタル記録を指すもので、GPSトラッキングを必要とするさまざまな業界でブロックチェーンテクノロジーの用途を開く、カルダノにとってはビッグチャンスなのだ。なぜなら、カルダノはブロックチェーンテクノロジーのジオスタンピングの研究にかけては最先端を行っているからである。カルダノ財団を通じて、カルダノは、スマート台帳のジオコーディングの使用を研究するオープンソースプロジェクト、Geognomoの一端を担っている。