カルダノは、今後、多数の通貨に対応するマルチレジャーシステム。チャールズ・ホスキンソン氏は語る。

カルダノは、今後、多数の通貨に対応するマルチレジャーシステム。チャールズ・ホスキンソン氏は語る。

IOHKのCEO、カルダノ創設者のチャールズ・ホスキンソン氏は、2019年3月24日、YouTubeでサプライズAMAを開催し、その中で、ロードマップや教育訓練資料のリリース、マルチアセット台帳としてのカルダノの現状、EOSの中央集権化など、さまざまな話題に触れた。

CardanoADAコインの取引量がほぼ倍になりコインベースが反騰のきっかけに?!XLMがコインベースに上場し、CardanoADAコインが注目を集めることに

CardanoADAコインの取引量がほぼ倍になりコインベースが反騰のきっかけに?!XLMがコインベースに上場し、CardanoADAコインが注目を集めることに

カルダノ(ADA)の取引量が倍に、コインベースが反騰のきっかけに?! 前週のカルダノ(ADA)の価格の上昇率は17.4%。 コインベースがADAをサポートする可能性あり。 ここ2週間の平均取引量がほぼ2倍になっている。 コインベースがADAをサポートするようになれば、 カルダノ(ADA)の価格がさらに上昇する可能性がある。 コインベースは絶えず物議をかもしてはいるが、バイナンス、Liquidに次いで3番目に流動性が高い取引所となっている。コインベース効果が弱まっているとはいえ、上場すれば2500万人の顧客に認知されることとなり、まだハッキングされていない安全性の高い取引所からの需要も高まるであろう。