「 ADA 」一覧

カルダノ(ADA)のチャールズが大きな発表をほのめかす。今がADAの買いだめどきか。

カルダノ(ADA)のチャールズが大きな発表をほのめかす。今がADAの買いだめどきか。

チャールズ・ホスキンソン氏は、もうすぐカルダノについていいニュースが聞けるよとツイートした。このツイートにコミュニティが湧いた。オンラインコミュニティのほとんどの人々がShelleyのことではないか、レジャーとの統合ではないか、またはコインベースへの上場ではないかと憶測している。いずれにせよ、コミュニティはこれは重大事であろうと期待している。なぜなら、チャールズもカルダノチームも概ね

カルダノ(ADA)ーSheldon Adelson(シェルドン・アデルソン)のように。弱気市場にあって今もなお、自らを築き上げ、強さを増すカルダノ

カルダノ(ADA)ーSheldon Adelson(シェルドン・アデルソン)のように。弱気市場にあって今もなお、自らを築き上げ、強さを増すカルダノ

カルダノ(ADA)は、2018年にその値を大きく下げてしまった。高値の1ドル超から現在は0.04ドルで取り引きされており、最高値だった時期から大幅な下落をみた。しかし、このような下落をものともせず、

カルダノのチャールズ・ホスキンソン氏とIOHKが暗号通貨の相互運用性について突破口を提示

カルダノのチャールズ・ホスキンソン氏とIOHKが暗号通貨の相互運用性について突破口を提示

カルダノの共同創設者であり、ブロックチェーンと暗号通貨の研究開発企業、IOHKのCEOでもあるチャールズ・ホスキンソン氏が、プルーフ・オブ・ワークブロックチェーンのインターオペラビリティ(相互運用性)に踏み出された「大きな一歩」を発表した。

米SEC「数十件のICOを調査中」、投資家保護で仮想通貨タスクフォースも設置

米SEC「数十件のICOを調査中」、投資家保護で仮想通貨タスクフォースも設置

米証券取引委員会(SEC)のエンフォースメント部門は、11月2日に年次執行報告書を発表した。報告書では、詐欺的なイニシャル・コイン・オファリング(ICO)に対する対応についても触れられている。SECは2018年度に数十件のICOについて調査を開始し、現在もその調査は進行中だと記している