「 ETC 」一覧

カルダノ(ADA)共同創設者(チャールズ・ホスキンソン氏)のつぶやき。「ロックアップしていた資金を携えてウォールストリートがやってくる」

カルダノ(ADA)共同創設者(チャールズ・ホスキンソン氏)のつぶやき。「ロックアップしていた資金を携えてウォールストリートがやってくる」

暗号通貨通の間では、長い間、今現在の市場の不安定さは世界中で実施されている規制による行き詰まりがもたらすものではないかと言われてきた。今後の暗号通貨の規制について、一部、明確な決定を下しているのはタイと韓国だけである。タイは自国の証券取引委員会(SEC)をとおして、自国で取引できる通貨として7つの暗号通貨を承認するとともに具体的なICOのガイドラインを打ち出した。韓国については、規制当局が自国の商用銀行と同じように暗号通貨取引所を規制するプロセスを歩み始めたところである。

イートロ(eToro)がカルダノ(ADA)の長期サポートを強化、強気相場に向かう可能性あり

イートロ(eToro)がカルダノ(ADA)の長期サポートを強化、強気相場に向かう可能性あり

カルダノ(ADA)は、1月に始まった弱気相場に散々打ちのめされた暗号通貨のひとつである。しかし、イートロがそのプラットフォームで取引する暗号通貨のひとつにADAを加えることとなった今こそが変化の始まりかもしれない。イートロは主に暗号通貨に注力しているわけではないが、価格には影響を及ぼしている。たとえば、イートロがEOSを採用したとき、EOSの価格が急騰した。カルダノもイートロがプラットフォームに加えたときに価格が上昇に転じた。今現在、上昇率は1%、さらに上昇の兆しを見せ、0.20ドルに挑もうとしている。ビッサムへの上場による価格への影響はなかったことを考えると、これは興味深い現象である。

カルダノ(ADA)、早々に失速するも、ビッサム(Bithumb)による1%還元キャンペーンがトレーダーにもたらす勝ち要因

カルダノ(ADA)、早々に失速するも、ビッサム(Bithumb)による1%還元キャンペーンがトレーダーにもたらす勝ち要因

科学的研究に裏づけられた暗号通貨、カルダノ(ADA)は今年の1月以降、売り圧力に押されてきた。市場のほとんどの暗号資産と同じくADA/USDペアも1月4日、5日に1.15ドルという最高値を付けたのち、下降トレンドに入り、0.12ドルという安値で取引される場面もみられた。このような経緯を経て、今週は赤い海を漂う暗号通貨市場の幕開けとなり、カルダノ価格が下落の波から免れることはなかった。

チャールズ・ホスキンソン氏、来たるカルダノ(ADA)アップデート1.2について語る

チャールズ・ホスキンソン氏、来たるカルダノ(ADA)アップデート1.2について語る

チャールズ・ホスキンソン氏は、短い休暇から戻り、米国コロラドからツイッターのライブ配信の発表により、コミュニティーに最新情報を伝えた。ホスキンソン氏は、このところ期待されていたカルダノ1.2のアップデートについてコミュニティーに最新情報を伝えるという目的で、大衆とツイッターのフォロワーに向けて講演した。5月24日、カルダノ(ADA)のCEOから流された発表によって、長い間待たれていたカルダノバージョン1.2の最新情報についてさらに多くの情報が得られる機会があった。チャールズ・ホスキンソン氏が発表した内容は以下のとおりである。

2018年カルダノ価格予測 今年、さらに注目を集める暗号通貨 (今日のカルダノ/ADA価格) -ADAカルダノニュース- 4月10日(火)

2018年カルダノ価格予測 今年、さらに注目を集める暗号通貨 (今日のカルダノ/ADA価格) -ADAカルダノニュース- 4月10日(火)

2018年カルダノ価格予測:カルダノは、昨年9月に上場し、それ以来、すでにほぼ1500%のリターンをもたらしている。現在の時価総額は、約180億ドル($18 billion)??である。 ($3.9 billion?) カルダノは、時価総額ではトップ10入りしている通貨である。開発者らは特に、暗号通貨の持続可能なシステムの有効化に向けてカルダノを創出してきた。 暗号通貨に用いられている技術はオープンソースであり、研究者らによる査読という手順を踏んでいる。この特別なプラットフォームでの開発がきわめて容易な所以である。本日は、2018年のカルダノ価格予測を解き明かそう。 2018年カルダノ価格予測:現在、カルダノは、(当サイト下の価格掲示板[price ticker]参照)で取引されている。カルダノのこの1年の予想は、約2.5ドルであり、これはたった1年間で約6倍の上昇を意味するものである。5年間の予想は10ドルであり、顕著な上昇を示している。 最近の暗号通貨の調整でも、カルダノは(他の通貨と)同じく下落はしたが、投資家たちのほとんどが実際にはこの通貨に関して強気であり、すぐに新高値をたたき出すことができるであろうと思っている。取引量が一時的に左右されやすく、ボラティリティが大きく動くおそれはあるが、長期的にはさらに上昇するであろう。そのポテンシャルはかなり大きい。 しかし、いわゆる確実優良な通貨ではなく、投資の際には取引量の変化により突然、価格の変動をみる場合もあることを肝に銘じておく必要がある。突然の価格変動に対する覚悟さえあれば、カルダノを長期にわたり保有することが容易になるであろう。 カルダノ価格の長期予想が約10ドルであることを踏まえれば、今、この時にカルダノに投資する意味は十分にある。カルダノの背後に控えているチームもかなり強い。さらに、このチームのメンバーたちがオープンソースをベースとした利用しやすいブロックチェーン技術を構築しつつある。このことは、これほどまでにカルダノには大きなポテンシャルがあるといわれる理由のひとつである。 トップ10に挙げられたそれぞれの通貨の狭間で迷っているのなら、是非ともカルダノに注目してほしい。2018年にカルダノがもたらす利益の可能性はあまりにも大きい。2018年のカルダノ価格の予測値をみると、暦で今年の年末までには約2.5ドルに達すると見定めることができる。今年、資金の一部をこの通貨に置いておくのは賢明であろう。

カルダノ(ADA)がスケーリングをとおして第3世代の暗号通貨をリード

カルダノ(ADA)がスケーリングをとおして第3世代の暗号通貨をリード

カルダノ(ADA)- カルダノの創設者は自らの暗号通貨について大胆な発言をしている。先週スイスのICOサミットで語ったチャールズ・ホスキンソン氏は、自らの暗号通貨について強みを強調しつつ、この時点までの手落ちを改善することに焦点を当て、来たる1年の間にカルダノ計画をどのように進化させるかについてその概要を語った。具体的には、暗号通貨市場の大半を悩ませている「スケーラビリティ」という問題に結びつけられたADAの成功を視覚化するものである。

スポンサーリンク