スポンサーリンク

イーサリアムのハードフォークが延期 セキュリティの欠陥みつかる| 仮想通貨ETHは下落に転じる

イーサリアムのハードフォークが延期 セキュリティの欠陥みつかる| 仮想通貨ETHは下落に転じる

仮想通貨イーサリアム(ETH)のハードフォーク「コンスタンチノープル」が推定で日本時間17日に行われることが予定されていたが、イーサリアムのコア開発者が15日、延期を発表した。スマートコントラクト監査企業に発見されたセキュリティーの脆弱性が理由だという。今回のハードフォークを好感した形で上昇していたイーサリアムは一転、急落している。

セキュリティの欠陥

より効率の良いアルゴリズムへの一歩と見られる今回のハードフォーク、コンスタンチノープル。スマートコントラクトの監査企業、ChainSecurity(チェーンセキュリティー)によれば、コンスタンチノープルでイーサリアム・ネットワーク上の一部ではこれまでより安価なガス料(手数料)を提供できるようになるものの、副作用としてリエントランシ攻撃とよばれるスマートコントラクトにありがちな脆弱性が起きるという。

リエントランシ攻撃によって、潜在的な攻撃者は、繰り返し資金の引き出しを要求することで、スマートコントラクトから仮想通貨を盗める。その際、攻撃者の実際のETHのバランスはごまかせるそうだ。

この報告を受けてコンスタンチノープルのコーディネーターであるAfri Schoedon(アフリ・スコエドン)氏は、米SNSレディットで少なくとも来週までコンスタンチノープルを延期することを発表した

「我々は、金曜日の開発者会議で今後について決める。(コンスタンチノープルは)今週は起きないだろう。情報を待ってくれ」

今回のハードフォークは、第708万ブロック以降に適用され、以前のブロックから分岐する。イーサリアムコミュニティ内の多くがコンスタンチノープルを支持しているため、ビットコインキャッシュ(BCH)の時のように混乱は起きず、新たな仮想通貨は生まれないと見られている。実際、コア開発者の一人、レーン・レティッグ氏は、ブルームバーグに対してこれほど議論を呼ばないハードフォークは想像できないよ」と自信を見せていた。

ただ理論上、アップグレード前のイーサハッシュを好む新たな仮想通貨が誕生する可能性もある。実際、コンスタンチノープルでは、1ブロックあたりの報酬を3ETHから2ETHに削られるため、以前のブロックに残るインセンティブがない訳ではない。

コンスタンチノープルを受けてコインチェックやコインベースなど国内外の大手取引所は、イーサリアム(ETH)を一時的に入出金停止にすると発表していたものの、概ねサポートを表明していた

延期を受けてETH急落

イーサリアムのPoW(プルーフオブワーク)からエネルギー効率の良いPoS(プルーフオブステーク)への移行に向けた一歩と位置付けられるコンスタンチノープルを好感してか、仮想通貨イーサリアム(ETH)は前日夜中まで急騰していたが、延期の報道を受けてマイナスに転じた。現在、6%以上の下落で、主要10通貨の中で一番の下落率を記録している。

(引用元:TradingView 「イーサリアム (ETH)/米ドル(1日)」)

米格付け機関のウェイス・レーティングは、コンスタンチノープルで「残念ながら、ETHが失われた栄光を取り戻すことはない」と主張し、「『噂で買ってニュースで売れ』の典型的なケースだ」という見方を示していた。

引用元

https://jp.cointelegraph.com/news/vulnerability-is-found-in-constantinople-hours-after-eth-devs-call-it-least-eventful-hard-fork

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする