仮想通貨デリバティブ取引所Bybit(バイビット)登録後bitcopyでコピートレード

bybit取引所に登録は下記リンクから

https://www.bybit.com/app/exchange/BTCUSD?affiliate_id=7033&language=en&group_id=0&group_type=1

ご自身のbybit口座でコピートレードが出来ますので安心安全です!

マニュアルも充実してます!

アフェリエイトもできますよ

とりあえず無料なので登録しましょう!

Bybit登録出来ましたらコピートレードbit-copy登録

↓↓↓

https://bit-copy.com/?ref=sgd8nOxxBxAbSSnwomvSZ6fKgYaMLx

 

Bybitのアフェリやりたい方は

こちらからどうぞ❗️

メールアドレス入力しNEXT

注意:自己アフェリは規約違反になりアカウント凍結します!

https://partner.bybit.com/b/takassanbipteem

 

——————————————

皆様のご参加をお待ちしております。

仮想通貨デリバティブ取引所Bybit(バイビット)

bybit今すぐ登録

概要

レバレッジ取引は、口座残高よりもはるかに大きな金融資産を売り買いできる取引形態です。証拠金の最大100倍の取引をすることで利益と損失の可能性は共に飛躍的に増大します。証拠金とは、レバレッジを使用してポジションを建てるのに必要な口座残高をいいます。

レバレッジと証拠金

必要証拠金と維持証拠金

必要証拠金とは、ポジションを建てるのに必要な証拠金を指し、ポジションサイズとレバレッジによって決まります。 維持証拠金は、レバレッジを使用したポジションを保持するために必要な最小額をいい、ポジションの強制決済が執行される特定の価格(強制決済価格)を決定します。

必要証拠金(IM)

  • 必要証拠金 買/ロング注文の場合:[契約価額*(買い/ロング指値注文価格か最良売気配値のいずれか低い価格)] /レバレッジ。注文時にシステムは、往復取引手数料0.075% (新規注文手数料+決済注文手数料)を徴収します。実際の取引手数料は、注文種別と約定価格に基づいて計算されます。

  • 必要証拠金 売/ショート注文の場合:[契約価額*(売り/ショート指値注文価格か最良買気配値のいずれか高い価格)] /レバレッジ。注文時にシステムは、往復取引手数料0.075% (新規注文手数料+決済注文手数料)を徴収します。実際の取引手数料は、注文種別と約定価格に基づいて計算されます。

  • 注文によって既存のポジションのサイズが増加しない場合、必要証拠金は不要です。

  • トレーダーが買いと売りのポジション/注文を同時に保有している場合、システムは[買い注文必要証拠金(X)、売り注文必要証拠金(Y)]のいずれか大きい方を口座の必要証拠金としてみなします。 例;X = 200、Y = 150であれば、口座の必要証拠金は200になります。トレーダーが注文コストが50未満の売り注文を追加する場合、追加の証拠金は不要です。一方、コストが70の売り注文を追加する場合、Y = 220となり、この売り注文を提出するには更に20(220-200)の証拠金が必要になります。

維持証拠金 (MM)

  • 維持証拠金(MM)は、証拠金維持率(MMR)を使用して計算されます。リスク制限が増加すると維持証拠金が増加するため、同じ内容の契約でも維持証拠金が異なる場合があります。

  • すべてのポジションについて、必要とされる維持証拠金は、証拠金維持率(MMR)x契約価額 です。 ポジション決済に発生する手数料も、この維持証拠金に含まれています。 これは、ポジションを保持し続けるために必要な最小証拠金です。 つまり、ポジションに差し出した証拠金が維持証拠金を割り込むとポジションは強制決済(清算)されます。

分離マージンとクロスマージン

Bybitでは二種類のマージンモードを設定することができます

クロスマージン

各通貨ペアにおいて利用可能な証拠金全額を使用して強制決済を回避しようとします。

分離マージン

分離マージンモードにおけるポジションの最大リスクは、特定の証拠金額に制限されます。 ポジションが強制決済される場合、ポジションに証拠金は追加されません。トレーダーは分離マージンモードにおけるポジションに証拠金を手動で追加することができます。これにより、レバレッジ倍率が下がり、強制決済価格が遠ざかります。

分離マージンの設定と変更

クロスマージンモードが初期設定となっています。分離マージンモードに切り替えて、任意のレバレッジを設定できます。 レバレッジが高いほど、ポジションに必要な証拠金は低くなります。 選択したレバレッジは、ポジション決済後もリセットされずに入力画面に保存されますのでご注意下さい。

強制決済

強制決済プロセス

Bybitは公正価格システムを使用して、低流動性または市場操作によって引き起こされる強制決済を回避します。
Bybitの強制決済エンジンが市場からの影響をより適切に管理できるように、より大きなポジションに対してより高いリスク制限を課すため、より多くの証拠金が必要となります。
強制決済が発生すると、Bybitは出来得る限り部分強制決済をして、必要な維持証拠金を減らし、ポジション全体の強制決済を回避します。

最も低いリスク制限レベルを使用しているトレーダー

  • すべてのアクティブな注文をキャンセルする

  • それでも必要とされる維持証拠金レベルに達しない場合、そのポジションは強制決済エンジンによって破産価格で決済されます。

リスク制限レベルが下から二番目以上のトレーダー

強制決済エンジンは、リスク制限レベルを下げることで必要とされる証拠金を引き下げます。

  • 可能な場合は、現在のポジションとアクティブ注文を変更せずに、直接リスク制限を下げます

  • 既存のポジションを保持したまま、すべてのアクティブ注文をキャンセルすることでリスク制限を下げます。

  • 保有ポジションの価額と必要な証拠金を決定するリスク制限値との差額に関して、FOK注文(直ちに全数量が約定しない場合は失効)を発注し、さらなる強制決済を回避します。

  • それでも強制決済を回避できなかった場合、すべてのポジションは破産価格で強制決済されます。

保険基金

強制決済ポジションを破産価格よりも有利な価格で決済できる場合、残余証拠金はBybitの保険基金に追加されます。強制決済ポジションを破産価格よりも有利な価格で決済できない場合、保険基金を使用して損失を補填します。 保険基金が不足している場合、自動デレバレッジ(ADL)が発動されます。
Bybitでは、トレーダーの自動デレバレッジを回避するために保険基金を使用しています。

ADLメカニズム

Bybitでは強制決済が発生した際、ポジションは強制決済エンジンによって処理されます。強制決済されたポジションが破産価格よりも有利な価格で決済することができず、損失を補填するには保険基金が不足している場合、ADLメカニズムが発動し、ADLランキングが一番高い反対売買側ポジションをデレバレッジします。ADLランキングは、実効レバレッジと損益率に基づいて決定されます。

ADLランキングインジケーター

ポジションを保持した際、ADLランキングがADLインジケーターに表示されます。点灯しているライトの数がADLランキングの優先順位を表しており、20%単位で増減します。

ADLランキング計算

ADLランキングは、損益率と実効レバレッジによって決定されます。利益率が高く、またレバレッジ倍率が高い場合は、ADLランキングは高くなります。

ADLランキング=損益率*実効レバレッジ (損益率>0の場合)
ADLランキング=損益率/実効レバレッジ (損益率<0の場合)
実効レバレッジ=abs(マーク価額)/(マーク価額ー破産価額)
損益率=(マーク価額ー平均参入価額)/abs(平均参入価額)
マーク価額=マーク価格でのポジション価額
破産価額=破産価格でのポジション価額
平均参入価額=平均参入価格でのポジション価額

リスク制限の計算式

計算式

新維持証拠金(MM)%:MM%基本値+(増分数* MM%増分値)
新必要証拠金(IM)%:IM%基本値+(増分数* IM%増分値)
新維持証拠金額:新MM%*総ポジション価額

概要

無期限契約は、先物と類似したデリバティブ商品ですが、以下の点で、先物とは異なります。

  • 満期や決済日はありません。

  • 無期限契約は証拠金を使用するスポット市場に似ています。取引価格は資金調達メカニズムによって常にスポット市場のインデックス価格に近似するような仕組みになっています。

無期限契約の取引メカニズム

Bybitで無期限契約の取引をする場合、証拠金取引の原則に加えて、以下の点に注意する必要があります。

  • 公正価格マーキング:強制決済の執行にはマーク価格が使用されます。

  • 必要証拠金と維持証拠金:必要証拠金は、使用できる最大レバレッジ倍数を決定し、一方、維持証拠金は強制決済価格を決定します。

  • 資金調達:資金調達料は、買い手と売り手の間で8時間ごとに直接交換されます。資金調達レートがプラスの場合、ロングポジションがショートポジションに支払います。資金調達レートがマイナスの場合、ショートポジションがロングポジションに支払います。資金調達料の決済時間にポジションを保持している場合にのみ資金調達料が発生します。

  • 資金調達料決済時間: 0:00UTC, 8:00UTC, 16:00UTC  (日本時間 09:00、17:00、01:00)

資金調達料

資金調達手数料=ポジション価額*資金調達率

資金調達は、金利と価格プレミアム/ディスカウントによって決定されます。資金調達とは、Bybitの最終取引価格が参照インデックス価格に常に近似するようにするための仕組みであり、資金調達料は買い手と売り手の間で交換されます。
金利=(米ドル金利-仮想通貨金利)/資金調達の頻度
現在の米ドルの1日の金利は0.06%であり、仮想通貨の金利は0.03%です。 資金調達の1日の頻度は3回(8時間ごと)です。 よって、基本の資金調達率は0.01%です。

プレミアムインデックス

無期限契約はマーク価格より高額(プレミアム)または低額(ディスカウント)で取引され、プレミアム/ディスカウントは、次の資金調達率に影響します

プレミアムインデックス(P) = ( Max ( 0 , インパクト 買気配値 – マーク価格) – Max ( 0 , マーク価格 – インパクト売気配値)) / インデックス価格+ 資金調達間隔
資金調達率(F)=プレミアムインデックス(P)+clamp(金利(I)-プレミアムインデックス(P), 0.05%, -0.05%)

資金調達率は、8時間の金利と8時間のプレミアム/ディスカウントによって決定されます。影響緩和のために+/-0.05%考慮されます。したがって、(I-P)が+/- 0.05%以内の場合、F = P +(I-P)= Iとなり、すなわち資金調達率は金利と等しくなります。 0:00-08:00UTCで計算された資金調達率は16:00UTCの資金調達交換時に使用され、08:00-16:00UTCで計算された資金調達率は00:00UTCに、16:00-00:00UTCで計算された資金調達率は、08:00UTCの資金調達交換時にそれぞれ使用されます。

資金調達率の上限と下限

資金調達率<=(最小リスク制限レベルの必要証拠金% – 最小リスク制限レベルの維持証拠金%)* 75%
資金調達率>=(- 最小リスク制限レベルの必要証拠金% + 最小リスク制限レベルの維持証拠金%)* 75%

公正価格マーキング

Bybitでは、公正価格マーキングと呼ばれる独自のシステムを採用して市場操作や流動性の欠如による不当な強制決済を防いでいます。Bybitは、不要な強制決済の執行を防ぐためにマーク価格を使用します。

マーク価格=インデックス価格*(1+資金調達ベーシス)
資金調達ベーシス=資金調達率*(資金調達までの時間/資金調達間隔)

注:注文が失効されると、最終取引価格とマーク価格が一時的に逸脱する可能性があるため、マーク価格を使用して計算された未実現損益が即座に発生する場合があります。これは利益が発生したり、損失になったりしたわけではありません。

インデックス価格

インデックス価格は、コインの市場コンセンサス価格を示します。これは、複数の現物取引所の加重平均価格から導出され、データの有用性と比重によって調整されます。データの有用性テストは、データの適時性と有効性を含みます。有用性テストに合格した参照取引の相場価格は、取引量と他の取引所の平均値からの差額に基づいて比重が調整されインデックス価格に加重されます。

インバース型契約

インバース型契約では、証拠金、利益そして損益が仮想通貨(BTCやETHなど)で計算され、決済されます。トレーダーは注文する際、見積資産(USDなど)によって注文金額を決定します。

注文コストの計算

注文コストは、ポジションを建てる為に必要な証拠金です。トレーダーは、「注文確認ウィンドウ」と「注文ゾーン」で注文コストを確認できます。これは、必要証拠金に往復取引手数料を加えたものが計算されます。実際の請求/受領される料金は、注文がテイカー取引とメーカー取引のどちらで約定されるかによって異なります。

注文コスト=必要証拠金+往復取引手数料(ポジションを建てる際と閉じる際の手数料)

損益計算式

ロングポジションの損益=ポジションサイズx(1 /平均建玉価格-1 /平均決済価格)
ショートポジションの損益=ポジションサイズx(1 /平均決済価格-1 /平均建玉価格)

指値注文

指値注文は、トレーダーが希望する最大買気配値/最小売気配値を指定できる注文方法です。トレーダーは、取引価格を制限し、コストを最小限に抑えることができます。しかし、市場価格が指値価格に届かなかった場合、注文は約定されません。。

指値注文の3種類の有効期間オプション:

  • Good Till Cancelled(GTC):は、注文が完全に約定される、もしくはキャンセルされるまで継続します。

  • Fill Or Kill(FOK):は、すべての注文が指値価格もしくはそれよりも有利な価格でただちに約定される注文です。それ以外の場合は、すべてキャンセルされます。部分的約定はできません。

  • Immediate Or Cancel (IOC):は指値価格もしくはそれよりも有利な価格でただちに約定されます。ただちに注文が約定されない、または全て約定されなかった場合、約定されなかった注文はキャンセルされます。

Post-Only

Post-Onlyポストオンリーは、テイカートレードとして市場で約定されないため、約定するとメイカーリベートを獲得します。ポストオンリーは、市場の既存注文に対して発注直後に約定されるようであれば、自動的にキャンセルされます。

Reduce-Only

Reduce-Onlyポジションのサイズを減少させる為に使用され、ポジションのサイズが増大することはありません。

成行注文

成行注文:成行注文は、注文をただちに約定したいトレーダー向きの注文方法です。注文は注文板の最良価格ですぐに約定されます。大量の成行注文は、市場に影響を与えることがあり、取引手数料は増加します。

条件付き注文

条件付き注文は、指定された条件が満たされると有効になる指値注文または成行注文です。条件付き注文は、執行価格をマーク価格、最終取引価格またはインデックス価格から選ぶことができます。

Close On Trigger

Close On Trigger注文は、ほとんどの利食注文または損切注文で設定することができます。これは、注文が複数ある場合、最優先の注文となり、トリガー時に決済するための必要な保証金がない場合、他のアクティブ注文を変更またはキャンセルします。この注文はポジションを減らすことのみ可能であり、減らすポジションがない場合は自動的にキャンセルされます。

利食注文 & 損切注文

利食注文 & 損切注文は、トレーダーがタイムリーかつ自動的な決済をするために前もって設定することができる決済戦略です。損切注文は、損失を制限するためのリスク管理ツールとして使用されます。Close On TriggerBybitは、次の3種類の利食注文および損切注文を提供しています。 設定方法についてはこちらをご覧ください。

  • 利食成行注文:価格が利食価格に達すると、成行注文がただちに約定されます。

  • 損切成約注文:価格が損切価格に達すると、成行注文がただちに約定されます。

  • トレーリングストップ注文:トレーリングストップは、事前に設定した値幅及び方向に基づいて、最終取引価格に追随し、自動的に利食もしくは損切を行います。

トリガー価格は、市場価格、インデックス価格、または最終取引価格から選択することができます。

取引手数料の計算

注文が約定すると、マーケットテイカーの場合、取引手数料が請求されます。
取引手数料は、約定の時に発生します。ウォレット残高から差し引かれ、注文の必要証拠金には影響しません。
市場の流動性を促進するトレーダー/マーケットメーカー(注文が取引板に入り、取引板の厚みを増加させたトレーダー)の場合、取引手数料はマイナス(-0.025%)と表示され、メイカーリベートとして取引手数料を受け取ります。
市場の流動性の消費者/テイカー(注文はすぐに約定され、取引板の厚みを減少させたトレーダー)の場合、取引手数料はプラス(0.075%)となり、マーケットテイカーとして取引手数料を支払います。

資産交換(両替)

Bybitでは、ユーザーが異なるコインの契約を取引できるように、資産交換ができるようになっています。資産交換の際、Bybitはインデックス価格に基づいて公正な為替レートを提供します。資産交換する際、取引手数料がかかります。

 

【免責】投資は自己責任でお願いします. 【免責事項】 ・本動画の内容において、正当性を保証するものではありません。 ・本ブログ記事を利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。 ・期限付き内容を含でおり、ご自身で問題ないことを確認してください。 ・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。 以上をご了承の上でご利用ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする