「 カルダノADA 」一覧

カルダノ(ADA)、ソニックはカルダノ上で実装されるのか。

カルダノ(ADA)、ソニックはカルダノ上で実装されるのか。

数時間前、チャールズ・ホスキンソン氏は、ソニックのホワイトペーパーについてツイートした。それはSnarkにとって大きな進歩であり、そのことでコニュニティーは興奮に湧いた。その興奮は、ソニックがスケーラビリティと匿名性に向けた大きな一歩となるという事実から来ている。そのホワイトペーパーには、

カルダノはフェイク・ステーク攻撃に対するセキュリティを備えたプラットフォーム

カルダノはフェイク・ステーク攻撃に対するセキュリティを備えたプラットフォーム

ADAは、先週、アメリカの研究者らが「フェイク・ステーク」攻撃に対する脆弱性があるとして割り出した26種類の暗号通貨には挙げられないコインである。ADAの基礎となるカルダノブロックチェーンは、プルーフ・オブ・ステークに基づくものであるが、ウロボロスプロトコルはビットコインのコードを使っておらず、PoSv3問題の影響を受けることはない。これは単に運がいいというのではなく、カルダノの開発中に徹底して正式な検証を受けたことによる結果である。

カルダノ価格予想(最新情報)2019年がカルダノにとって良い年になる理由

カルダノ価格予想(最新情報)2019年がカルダノにとって良い年になる理由

カルダノはこれまでイーサリアムキラーとよく言われ、その異名をとるだけのことはあると証明され始めており、2019年がカルダノにとって良い年になる可能性がある。 カルダノは、競争力のある暗号通貨と言う点から見ても本物であり、その成長力とポテンシャルは増すばかりである。ということは、2019年はカルダノの価格が爆上げし、イーサリアムに追い付く年になるのだろうか。

カルダノステークプール任務部隊とステーキングアップデート

カルダノステークプール任務部隊とステーキングアップデート

チャールズ・ホスキンソン氏は、YouTube上でカルダノプラットフォームの進捗状況と今年ADAに期待できそうなことについて、コミュニティに向け、最新情報を語った。ホスキンソン氏は、ステーキングと委任がカルダノ(プラットフォーム)とどのように協働するかについて詳しく触れた。同氏は動画の中でカルダノでは NXTやCasperとは違う進め方を計画していると述べた。

カルダノ(ADA)- VISAレベルのTPSへと向かうウロボロス・ヒドラとカルダノのスケーラビリティ

カルダノ(ADA)- VISAレベルのTPSへと向かうウロボロス・ヒドラとカルダノのスケーラビリティ

週始めにIOHKのトップ、チャールズ・ホスキンソン氏がコミュニティーとのAMAを実施し、さまざまな興味深い質問を受けた。なかでも際立っていたのが、カルダノのスケーラビリティとクリプトキティを扱う際のカルダノの能力についてであった。

カルダノ(ADA)- VISAレベルのTPSへと向かうウロボロス・ヒドラとカルダノのスケーラビリティ

カルダノ(ADA)- VISAレベルのTPSへと向かうウロボロス・ヒドラとカルダノのスケーラビリティ

週始めにIOHKのトップ、チャールズ・ホスキンソン氏がコミュニティーとのAMAを実施し、さまざまな興味深い質問を受けた。なかでも際立っていたのが、カルダノのスケーラビリティとクリプトキティを扱う際のカルダノの能力についてであった。

XRP(XRP)対カルダノ(ADA)、今四半期はどちらに期待できそうか

XRP(XRP)対カルダノ(ADA)、今四半期はどちらに期待できそうか

異なるアルトコインを比較することに意味がある。そんな比較の対象となるコインに挙げられるのが、XRP(XRP)とカルダノ(ADA)である。 両コインとも強い暗号通貨であり、長期的にも見通しは明るいが、短期的には、特に今四半期、もしかすると第二四半期も、カルダノ(ADA)の方が見通しが明るい。