カルダノ(ADA)ージオスタンピング研究がカルダノに10億ドルのアプリをもたらす未来

カルダノ(ADA)ージオスタンピング研究がカルダノに10億ドルのアプリをもたらす未来

ブロックチェーンテクノロジーは未だ、揺籃期にあり、なすべきことが多い。今後、ブロックチェーンテクノロジーは、トランザクション台帳を超える存在になり、現在ではまだあり得ないほど多くの使用事例が得られるようになるであろう。このテクノロジーに未来への扉を開くため控えているのは、ジオスタンピング。これは、トランザクションの地理的な位置を示すデジタル記録を指すもので、GPSトラッキングを必要とするさまざまな業界でブロックチェーンテクノロジーの用途を開く、カルダノにとってはビッグチャンスなのだ。なぜなら、カルダノはブロックチェーンテクノロジーのジオスタンピングの研究にかけては最先端を行っているからである。カルダノ財団を通じて、カルダノは、スマート台帳のジオコーディングの使用を研究するオープンソースプロジェクト、Geognomoの一端を担っている。

カルダノ(ADA)― 時間はカルダノにとって資産かリスクか

カルダノ(ADA)― 時間はカルダノにとって資産かリスクか

カルダノ(ADA)― 時間はカルダノにとって資産かリスクか ~ A birthday gift for Takassan ♪ ~本質的に、時間は事実、カルダノにとって大きな資産である。他のプロジェクトは先を急いで相場で価格を吊り上げ、時間が経つと亀裂が生じる。カルダノブロックチェーンの真価が現れるのはまさにその時なのである。プロジェクトが未完成ながら、カルダノ(ADA)に投資する人々は、プロジェクトの構想が徐々に形になり始めるにつれて、飛躍的に大きな利益を掴み取れる立場にある。

カルダノ創設者、暗号通貨ADAに関する重大発表を次々、投下。「ADA Pay」、グーグルクロム拡張機能、そして、オープンソース・イニシアティブ

カルダノ創設者、暗号通貨ADAに関する重大発表を次々、投下。「ADA Pay」、グーグルクロム拡張機能、そして、オープンソース・イニシアティブ

カルダノ開発チーム、IOHKのCEO、チャールズ・ホスキンソン氏は、元々は8月15日に控えていた一連のサプライズ発表をたった今、投下した。 ホスキンソン氏はまず、暗号通貨市場の現在のボラティリティは、周期の一部であって、「以前もこんなことあったよね。」程度のものだといって視聴者を安心させた。「大丈夫、何も心配いらないから」と。ホスキンソン氏によれば、長期にわたる戦略がとうとう、技術面で約束を果たせるところまできており、暗号通貨界の人々を喜ばせている。同氏は常にファンダメンタルに注目しているし、カルダノは健全だと信じていると言う。