カルダノは、今後、多数の通貨に対応するマルチレジャーシステム。チャールズ・ホスキンソン氏は語る。

カルダノは、今後、多数の通貨に対応するマルチレジャーシステム。チャールズ・ホスキンソン氏は語る。

IOHKのCEO、カルダノ創設者のチャールズ・ホスキンソン氏は、2019年3月24日、YouTubeでサプライズAMAを開催し、その中で、ロードマップや教育訓練資料のリリース、マルチアセット台帳としてのカルダノの現状、EOSの中央集権化など、さまざまな話題に触れた。