「 カルダノロードマップ 」一覧

カルダノADAに強気相場が訪れる理由。ベルリンからウガンダまで何もかもがスムーズに。

カルダノADAに強気相場が訪れる理由。ベルリンからウガンダまで何もかもがスムーズに。

IOHKチームはこの年、カルダノの成功を目指して、好調なスタートを切った。昨日、IOHKのCEO、チャールズ・ホスキンソン氏は、社内ワークショップのため、ベルリンへ向かう途中であることをツイートした。ワークショップの内容は、Shelleyのリリースに備えてカルダノの委任システムの仕組みを表すデザインを最終的に決定することである。

カルダノ、新知事がブロックチェーンを称えるワイオミング州へ移転。

カルダノ、新知事がブロックチェーンを称えるワイオミング州へ移転。

後任の第33期ワイオミング州知事、マーク・ゴードン氏が就任式の演説中、地元のブロックチェーン業界に向けて感謝の言葉を述べた。マーク・ゴードン氏は、ワイオミング州がアメリカをリードする方法を示す実例としてBeefChainやSheepChainのようなスタートアップ企業のやり方を強調するなか、すでにIOHKのカルダノのような他の事業をも引きつけている。

カルダノのチャールズ・ホスキンソン氏とIOHKが暗号通貨の相互運用性について突破口を提示

カルダノのチャールズ・ホスキンソン氏とIOHKが暗号通貨の相互運用性について突破口を提示

カルダノの共同創設者であり、ブロックチェーンと暗号通貨の研究開発企業、IOHKのCEOでもあるチャールズ・ホスキンソン氏が、プルーフ・オブ・ワークブロックチェーンのインターオペラビリティ(相互運用性)に踏み出された「大きな一歩」を発表した。

米SEC「数十件のICOを調査中」、投資家保護で仮想通貨タスクフォースも設置

米SEC「数十件のICOを調査中」、投資家保護で仮想通貨タスクフォースも設置

米証券取引委員会(SEC)のエンフォースメント部門は、11月2日に年次執行報告書を発表した。報告書では、詐欺的なイニシャル・コイン・オファリング(ICO)に対する対応についても触れられている。SECは2018年度に数十件のICOについて調査を開始し、現在もその調査は進行中だと記している